米朝首脳会談で出された米朝共同声明(米朝合意)の内容

 米朝共同声明の内容は、以下の通りである。

 米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩党委員長は、2018年6月12日にシンガポールで史上初となる歴史的な会談を行った。

 トランプ大統領と金正恩委員長は、新たな米朝関係や朝鮮半島における永続的で安定した平和体制を構築するため、包括的かつ誠実的な意見交換を徹底的に行った。

 トランプ大統領は、北朝鮮に体制の保証を提供すると約束し、金正恩委員長は朝鮮半島の完全な非核化への断固として揺るぎない決意を再確認した。

 新たな米朝関係の確立は、朝鮮半島と世界の平和と繁栄に貢献し、また両国の信頼確立が、朝鮮半島の非核化を促進すると確信したトランプ大統領と金正恩委員長は、以下の通り宣言する。

1.米国と北朝鮮は、平和と繁栄を求める両国国民の願いにそい新たな米朝関係の確立に取り組む。
2.米国と北朝鮮は、朝鮮半島の永続的かつ安定した平和体制の構築に向けて共に努力する。
3.北朝鮮は、2018年4月27日の板門店宣言を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向けて取り込む。
4.米国と北朝鮮は、戦争捕虜や行方不明兵の遺骨の収集に取り組む。その中には、すでに身元が特定されている遺骨の即時返還も含まれる。

 史上初の米朝首脳会談は、2国間で数十年にわたった緊張と敵対関係を乗り越え、新しい未来を切り開く転換点であることを再確認し、トランプ大統領と金正恩党委員長は、共同声明の内容を完全にまた迅速に実行に移すことを約束する。

 米国と北朝鮮は、この首脳会談の成果を履行するため、可能な限り早期にポンペオ国務長官とそれに対応する北朝鮮高官による後続交渉を行うことを約束する。

 トランプ大統領と金正恩党委員長は、新たな米朝関係の発展と朝鮮半島と世界の平和や繁栄安全のために、協力していくことを約束する。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください