トランプ大統領はミサイル発射を「(北朝鮮は)気を引きたかったのかもしれない」と表現しているが、北朝鮮がこれ以上の強硬手段を取ることは善策でないように見える。

 現在、米朝交渉が停滞している中、トランプ大統領にどのようなプランがあるのかは分からないが、少なくとも金正恩委員長との対話を続けようとしている間は米朝交渉に見込みがあるだろう。

 第1回米朝会談から6月12日で1年が経つ。今後の米朝の動向に注目していきたい。
 

八島 有佑

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

One Comment

  1. MDWSMDWS

    投稿テストです。

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA