柳京ホテルの部分開業は2019年実現するのか?

 昨年9月9日、マスゲーム復活で大きな話題となった建国記念日のツアーを見てもそうだが、このような現地での突発的な変更は、一般的な観光立国のような国からすれば、あまり起こらないが、北朝鮮では日常茶飯事で、むしろそれが北朝鮮らしさとも言えるのかもしれない。
 
 それでも、カウントダウン花火前に事前予告なしで行われたカウントダウンライブにサプライズであの牡丹峰(モランボン)楽団が登場している。記憶が間違っていなければ、外国人観光客の前で短時間とはいえ公演を披露したのは2回目となる。

 氷点下で特に冷え込む深夜の平壌にもかかわらずステージでのモランボン楽団は薄着で寒そうだったとの感想も聞かれた。

 だが、さすがは楽団全員が現役軍人といったところだろうか。根性が違う。

 2019年はモランボン楽団の正式な公演が観覧できるのかにも注目が高まりそうだ。

 最後に余談だが、旅行会社によると、特級ホテルから1級ホテルへと書くとダウングレードに思えるが、今回、予告なしで変更されたホテルは1泊あたりの宿泊費では逆転していたそうだ。そのため、ダウングレードに思えて実はアップグレードだったようだ。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください