北朝鮮国内情勢

チャン・グムチョル統一戦線部部長、韓国を非難する談話を発表(初めての談話) *内容「韓国の大統領府に対する信頼よりも疑惑の方がさらに深まっていく」、「(2018年の)板門店宣言が採択されてからこれまで2年という長い時間が流れる間、(ビラ散布を禁止する)そのような法律は10回も20回も作ることができたはずだ」(対北批判ビラ散布をめぐり)

金与正党第1副部長、「トランプ米大統領が金正恩委員長に宛てた親書を受領した」とする談話を発表。トランプ米大統領は「米朝交渉を推進するための構想」や「ウイルス防疫部門で協力する意向」を表明したと説明。また、「個人的意見」と前置きし、「対話は、均衡が動的かつ道徳的に保たれ、公正さが確保された場合にのみ考えることができる」と付け加える。