平壌から2700km超。金委員長の移動手段にも注目

 2月は米朝首脳会談の行方でベトナムが大いに注目されそうだ。

 平壌から当初濃厚とされたダナンまでは直線距離で約3070キロメートル、本日、会談場所として発表されたハノイでも約2760キロメートルあり、金党委員長の専用機とされるイリューシン62M型機でも十分に飛行できる距離ではありそうだが、昨年6月のシンガポールでの米朝会談と同様に金正恩党委員長がどのような移動手段を使ってハノイへ飛ぶのかにも注目が集まりそうだ。


Kim Jong-un takes private jet to China; getting ready for Singapore meeting with Trump?
金正恩党委員長の専用機とされるイリューシン62M型機

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください