山の中腹に並ぶ巨大な白亜の宮殿風建築

山の中腹に並ぶ巨大な白亜の宮殿風建築

教団本部の天正宮博物館を麓から見上げる(著者撮影)

 安倍晋三元総理の銃撃殺害事件以来、焦点が当たる旧統一教会(世界平和統一家庭連合)。

 韓国における実態はどうなっているのかを見てみたいと思い、教団の本部がある場所を訪ねてみた。

 ソウル龍山(ヨンサン)駅から江原道春川(チュンチョン)行きのITX(高速鉄道)京春電鉄線に乗って1時間、加平(カピョン)という駅で降りて、そこからタクシーに乗り、狭い曲がりくねった山道を30分ほど走ると、清平(チョンピョン)湖という湖の対岸の山の中腹に西洋の宮殿を模した巨大な建物が見えてくる。

 地元のタクシー運転手によると、信者以外は許可がないと本部につながる山道には入れないという。

 そのため、麓から見上げるしかなかったが、丸いドームがある白亜の宮殿風建物が2006年に完成した本部棟で天正宮博物館と名付けられている。

 その下にも宮殿風の白い建物があり、さらにその下には建設中の新たな宮殿・天地鮮鶴苑という建物もあった。

500万坪の聖地にはキリスト教を感じさせない施設名ばかり

500万坪の聖地にはキリスト教を感じさせない施設名ばかり

(加平)清心国際中・高。この奧には鮮鶴天宙平和大学院大学(著者撮影)

 山麓一帯には、教団関連の病院やスタジアム、全寮制の中学、高校、大学。それに湖のほとりには、信者の修練・宿泊施設が並んでいる。

 韓国では、旧統一教会は今も「統一教」と呼ばれているが、既存のキリスト教会からは、異端、カルト扱いされている。

 そのためか、建物や施設の名前には、キリスト教との関連をうかがわせる名前は一切なく、代わりに清心とか孝情といった語を冠した名前ばかり。これだけ見ると、中国由来の新宗教かと思ってしまう。

 いずれにしても、山の中腹から湖まで続く山麓一帯、500万坪とも言われる広大な私有地は、教団の信者らが世界中から集まる聖地であり、自ら“天一国”と称して、まさに独立王国を気取っている。

ここを訪れるのは信者の最大の願い

ここを訪れるのは信者の最大の願い

清平湖からのぞく教団施設(著者撮影)

ここを訪れるのは信者の最大の願い

 日本の信者たちの間では、ここを訪れるのが生涯最大の願いと言われる。

 教団のサイトを見ると、日本語や中国語、英語で空港からの詳しい交通手段が説明され、行事・儀式日程などが掲載されている。

 それによると、教団の修練施設では、先祖の悪い癖や血統の悪習を7代前までさかのぼって断ち切るという“先祖解怨”、先祖の原罪を清算し元の姿に戻すという“先祖祝福”といった儀式を行っているとある。

 そうした儀式を受けるためには、あらかじめ“解怨金”などを事前に完納するのが条件だという。

 豪華な教団施設を建設する際には、起工式に大勢の信者を集め、寄付を募る様子が映像でも確認できる。

 これだけの教団施設を建設、運営するだけでも莫大な資金が必要なはずで、そのためにも日本の信者の役割は大きかった。

韓国「統一教」日本人に「植民地支配」の償いを強制する教理と金集めへ続く。

小須田 秀幸(こすだ ひでゆき)
NHK香港支局長として1989~91年、1999~2003年駐在。訳書に許家屯『香港回収工作 上』、『香港回収工作 下』、パーシー・クラドック『中国との格闘―あるイギリス外交官の回想』(いずれも筑摩書房)。2019年から現在までKBSワールドラジオ日本語放送で日本向けニュースの校閲を担当。「ノッポさんの歴史ぶらり旅」をKBS日本語放送のウェブサイトとYouTubeで発表している。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA