北朝鮮の外資ホテル誘致1号は中国系か?

北朝鮮の外資ホテル誘致1号は中国系か?

バスタブや洗面台など日本製のものが多く使われている1985年オープンの高麗ホテル(特級)

北朝鮮の外資ホテル誘致1号は中国系か?

 現在、中国発祥で世界的に展開する5スターホテルは存在しないので、中国発祥の5つ星ホテルは、中国ローカル基準での5つ星と見なされている。

 すでに北朝鮮で唯一外資参入が認められている羅先特別市に香港資本の「エンペラーホテル」があるが、羅先以外まだ北朝鮮には外資ホテルは存在しない。今後、観光業を盛り上げたいとする北朝鮮は、ホテル不足を補うため事実上グローバルスタンド化しているアメリカやフランスのホテル等級ルールに基づいたホテル等級へ見直し、外資ホテルの誘致を検討しているのかもしれない。

 前出の面会した瀋陽のホテルオーナーが北朝鮮の交易担当者へ「外資ホテルを誘致するのか?」と尋ねると言葉を濁したそうだが、いきなり、国交があるとはいえ、イギリス系の「インターコンチネンタルホテル」などではなく、香港発祥で中国の影響が強いニューワールドホテルや「ザ・ペニンシュラホテルズ」など中国系資本のホテルが最初に外資ホテルとして平壌にお目見えする可能性もある。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

    コメント・感想

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA