感染者が世界で10万人を超える中でいまだ「感染者ゼロ」を誇る北朝鮮

感染者が世界で10万人を超える中でいまだ「感染者ゼロ」を誇る北朝鮮

マスクを着用して会議に臨む人民(提供「コリアメディア」)

 新型コロナウイルス(COVID-19)は、南極大陸を除くすべての大陸に上陸し、感染拡大が止まらない状況だ。

 3月7日現在、約60か国で感染者が確認され、感染者数は10万人を超えている中で、北朝鮮の感染者数はいまだゼロとなっている。

 「北朝鮮には既に感染者がいるのでは」と指摘する海外メディアもあるが、北朝鮮が新型コロナ対策を厳格に実施していることは確かだ。

 では現在どのような新型コロナ対策を行っているのだろうか。

北朝鮮人民に予防措置を求めるとともに公共施設の消毒を徹底

 機関紙『労働新聞』や『民主朝鮮』(日刊)などの北朝鮮メディアは連日、世界の感染拡大状況を伝えるとともに、人民には手洗いやマスク着用などの感染対策を求めている。たとえば、「家族の間でタオルを共同で使用してはいけない」、「公共の場にある共同物と手の届く部位との接触を減らせなければならない」、「外出するとき、必ずマスクを着用すべきである」など個人において予防措置を要請している(民主朝鮮3月3日付)。

 また、公共施設における対策措置として、地下鉄やバスなどの交通機関や公的施設を定期的に消毒していると伝えている(労働新聞3月6日付)。

 その他人の行き交いが多い「平壌第1百貨店」などでは従業員に対して検診を行うほか、従業員は訪れた客のマスク着用を確認した上で体温測定などの検査を実施していると説明している(労働新聞3月3日付)。ドアやエレベーターなど人の接触がある場所はもちろんのこと、商品の消毒まで義務づけているとのことでその徹底ぶりに驚かされる。

 北朝鮮は過去にSARS(2003年)やエボラ出血熱(2014年)が流行した際も対策措置を講じているが、今回のコロナ対策はそれを超える水準で行っている。

 北朝鮮当局が実際に感染者を把握しているかどうかはともかく、「すでに北朝鮮国内に感染者がいる」ことを想定した対策レベルである。

感染の疑いがある約7000人の医学的監視対象者

 ところで、北朝鮮は、新型コロナ感染者をゼロとしつつも感染の疑いがある「医学的監視対象者」の存在を明らかにしている。

 国営メディア「朝鮮中央放送」(2月24日)や労働新聞(3月1日)は、平安北道(北朝鮮西部)で約3000人、平安南道(中部)で約2429人、江原道(南東部)で約1500人、合計約7000人が医学的監視対象者となっていることを伝えた。

 対象者は自宅などで隔離措置が行われていると見られ、民主朝鮮(3月3日付)は「家庭で医学的観察をうける者は風通しがよい個室に場所を構えて、一切の面会を拒まなければならない」などの対応措置を紹介している。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA