高麗館の敷地内で寝起きしていた北レス女性スタッフ

高麗館の敷地内で寝起きしていた北レス女性スタッフ

北レス高麗館の周辺は閑静なエリアで夜間は真っ暗になる

金正男殺害事件で閉店した北朝鮮レストラン高麗館 マレーシアと北朝鮮の関係の今(1/3)の続き。

 金正男氏殺害事件後、北朝鮮レストラン(以下、一部北レス)高麗館へマスコミが殺到したため1週間ほど休店し、2017年2月20日ごろから営業を再開させたが、7月末には閉店が確認されて日本のテレビ番組でも報じられた。

 閉店後の館内へ入り伝えた日本のニュースでは、敷地内の建物に高麗館の北朝鮮人女性スタッフたちの宿舎があることを発見し、すでにもぬけの殻だったが、毛布や生活雑貨などが残されており、ここで寝泊まりをしていた痕跡を伝えていた。

 高麗館のスタッフたちは職場であるレストランと同じ敷地内で生活してのであろうか。そうすると、外出してクアラルンプールの街や人たちなど「外の世界」を見る機会はより限られていたことになる。

 マレーシアは日本人の人気ロングステイ先としても知られ、2006年から最新の2018年まで13年連続で不動の1位となっているくらいだ(ロングステイ財団調べ「ロングステイ希望国・地域2018」)。

平壌冷麺よりビールが高いマレーシア

平壌冷麺よりビールが高いマレーシア

クアラルンプールのインド系リガーショップ

 北朝鮮レストラン高麗館は、周辺国の北レスと比べても格式ある高級店として北レス好きからは知られていた。
 
 そんな高麗館はオープン2014年と実はそれほど歴史は長くなくオープンから3年足らずで閉店してしまったことになる。

 閉店する2か月ほど前に高麗館を訪れた現地在住の日本人女性によると、韓国人と思われる中年男性グループがいたりして賑わっていたものの全体的に客数は少なく、この日(平日)は、楽しみにしていたステージショーはなかったとのこと。

 メニュー価格は、平壌冷麺(200グラム)35リンギット(約860円)、キムチやナムルなどつまみ系の一品料理は30リンギット(約740円)前後、瓶ビール42リンギット(約1035円)、コーラーなどジュース10リンギット(約245円)ほどで、予算は、食事のみなら1人1500円くらい。ビールなどを頼むと1人3000円ほどとなる。

高い料理を勧めてくるのは北レスのお約束

 高麗館に限らずであるが、北朝鮮レストランでは、女性スタッフが高額なプルコギや松茸焼き、海鮮料理などを勧めてくることが多くこれらは1品2000、3000円となる。

 ここに当時はあった消費税やサービス料金が別途加算される。消費税は、2018年に世界最高齢の首相として再任したマハティール政権となり廃止されたため現在はない。
 
 マレーシアはインドネシア同様に禁酒文化のイスラム教の影響でアルコール飲料全般が他の物価と比べて高くなっている。「クアラルンプール国際空港」や「KLセントラル駅」などの主要施設のコンビニエンスストアや土産店などではビールなどが売られておらず、飲食店で飲むことになる。

 街のコンビニやスーパーマーケットへ行けばアルコールを買うことはできるが日本より高い。一方、インド系のリガーショップなど行くと格安で買えたりと日本人からすると不思議な国だったりする。

(続く)


North Korea-Malaysia Row: Two Malaysians leave N Korea amid diplomatic row

 トルコ公共放送のニュース。後半に営業中の高麗館が紹介される。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA