金正男氏殺害事件の殺人犯にされたベトナムが見せる北朝鮮への配慮

金正男氏殺害事件の殺人犯にされたベトナムが見せる北朝鮮への配慮

閉店した平壌館で飾られていた絵画

 現地日本語メディアは、ベトナム当局が、北朝鮮との関係を考慮して全員一斉にビザを停止し帰国させたりせず、ビザの延長や新規発行を停止するなどで分散帰国させる方針をとっているようだと伝えている。

 現在、新型コロナウイルスの影響で物理的に帰国できないため日本人も含めベトナムに滞在する全外国人のビザは延長処置が実施されている。

 おそらく北朝鮮人も特例でビザ延長されているとみられ、引き続き滞在することができ、少なくても国際便の運行正常化までは高麗レストランはこのままの状態で存続できそうだ。

 新型コロナが収束してもちゃっかりとそのまま北朝鮮レストランが残っているのかもしない。それにしても2017年の金正男氏殺害事件でベトナム人女性が殺人犯に仕立て上げられるなど国家としては噴飯ものにもかかわらず、米朝首脳会談を開催したり、北朝鮮人労働者へ配慮したりと政治判断とは実に残酷で恐ろしいものだ。 

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA