2020年1月10日オープン

2020年1月10日オープン

オープンした陽徳温泉文化休養地を紹介するマレーシアの中国語メディア 出典 『星洲網

2020年1月10日オープン

 昨年、金正恩委員長が異例の現地始動を重ねるほど力を入れ竣工した「陽徳温泉文化休養地」が、2月25日から休業に入ったと北朝鮮国営メディアが伝えた。新型コロナウイルス感染対策のためと報じている。

 陽徳温泉文化休養地は、KWTでも伝えたように温泉観光を目指す金正恩委員長の肝いり事業の1つとされる。首都平壌からは東へ120キロメートルほど自動車で2時間ほどで行ける距離のため平壌からの日帰り観光の新しい目玉となると注目されていた。

 国営ラジオ「朝鮮中央放送」1月9日午前7時の放送によると、 陽徳温泉文化休養地は、昨年12月7日に竣工し、今年1月10日から営業を開始している。総面積は、1.66平方キロメートルと「ユニバーサルスタジオジャパン」の3倍ほどを誇り、温泉は、室内と野外温泉を備え、別荘タイプの温泉、治療目的の個別、泥、家族別温泉、パラフィン浴、砂風呂治療など湯治を目的とした施設が充実している。さらにはドクターフィッシュもあるという。

温泉と併設してスキー場も完備で平壌から日帰りスキーも楽しめる?

 入浴後に楽しめるレジャー施設としては、運動スペース、ビリヤード場、卓球場、プール、子ども用の遊技場、ミニゴルフ場、射撃場、ゲームセンターなどが完備されていて、まさに温泉レジャーランドといった感じになっているようだ。

 さらには、スキー場もあるらしく、スキー、スノーボード、そり遊び、スノーモービル、スケートリンクもあり、ゲレンデ規模は明らかにされていないが、北朝鮮を代表する「馬息嶺スキー場」まで行かずしても平壌から日帰りでスキーを楽しむことができるのかもしれない。

 というわけで、陽徳温泉文化休養地は、北朝鮮旅行を手配する各代理店だけでなく、旅行者からも熱い注目を集めていた。1月10日のオープン時には、外国人では中国人観光客のみへ開放されていた。北朝鮮旅行の手配代理店は、本格的な観光シーズンに入ったころには、日本人も利用できるようになるとの見通しを示していたが、ほどなくして1月22日から外国人観光客は全面入国停止となった。

北朝鮮には他にも龍岡温泉など昔から知られる温泉がある

 国連制裁が過去最大に強化されている2020年の北朝鮮は、制裁対象外とされる観光業へ選択と集中を行い外貨獲得を目指すと見られており陽徳温泉文化休養地には大きな期待をしていたに違いない。

 新型コロナウイルスがいつ終息し中国へ渡航できるかも不透明な中、 陽徳温泉文化休養地がいつ日本人へ開放されて利用できるのかの見通しもまったく立っていない。

 温泉が豊富な北朝鮮には、陽徳温泉文化休養地以外にも戦前からある南浦の龍岡温泉などが知られている。龍岡温泉は、近年リニューアルされて日本人も入浴することができる。龍岡温泉についは別の機会でお伝えしたい。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA