「板門店宣言」の要旨

「板門店宣言」の要旨

出典 『聯合ニュース』電子版

「板門店宣言」の要旨

 4月27日、世界中の関心が集まる中、南北首脳会談が板門店で開催された。その中で、金正恩委員長と文在寅大統領は「朝鮮半島の平和と繁栄、統一のための板門店宣言」、いわゆる「板門店宣言」に署名した。要旨は、次のとおりである。

・南北関係の改善、発展に向けて、南北当局協議を緊密化するため、南北双方の当局者が常駐する共同連絡事務所を開城地域に設置する。

・「6・15」(2000年「南北共同宣言」記念日、金正日総書記、金大中大統領)など南北が同じような意義を持つ記念日を契機に民族共同行事を開催する。また、「2018年アジア競技大会」をはじめ国際競技大会に共同で参加し、南北が団結した姿を全世界に誇示する。南北分断により発生した人道的な問題を至急に解決するために努力する。南北赤十字会談を開催し、8・15(解放記念日)を契機に南北離散家族再会事業を進める。

・「10・4宣言」(2007年「南北関係の発展と平和繁栄のための宣言」、金正日総書記、盧武鉉大統領)で合意した経済協力事業を積極的に推進していき、東海線および京義線鉄道と道路の連結、近代化に取り組む。

・軍事的な緊張と衝突の原因となる、相手方に対する一切の敵対行為を全面的に中止する。5月1日から軍事境界線一帯で、拡声器による放送やビラ散布などのあらゆる敵対行為を中止し、その手段を撤廃する。今後、非武装地帯が平和地帯となるよう取り組む。

・北方限界線(NLL)一帯を平和水域にし、群発的な軍事衝突を防止する。南と北は双方の間に提起される軍事的な問題を協議、解決するために、5月中に南北将官級軍事会談を開催。

・南と北は停戦協定締結から65年になる今年中に、朝鮮戦争の終戦を宣言し、休戦協定を平和協定に切り替える。恒久的な平和体制の構築のために、南北米3者会談、南北米中4者会談を積極的に推進。

・完全な「非核化」を通じ、「核のない朝鮮半島」を実現するという南北共通の目標を確認。

「板門店宣言」の中で注目すべきポイントは「非核化」に対する北朝鮮の認識

 「板門店宣言」の中で特に注目すべきは、「非核化」について言及があったことだろう。ただ、「非核化」に向けた時期や手段など手続事項には触れられていないこと、言及されているのは「北朝鮮の非核化」ではなく「朝鮮半島の非核化」であることには注意が必要だろう。

 まず、「非核化」に向けた時期や手段など詳細な方法論が記されていないことについては、北朝鮮が「非核化」について議論、交渉する相手は韓国ではなく米国だと認識している表れとみられる。そのため、むしろ、「板門店宣言」において「非核化」について言及をされたこと自体驚くべきことである。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください