26万9510人→634人

26万9510人→634人

過去、風船で北朝鮮へ飛ばされたはがきサイズの宣伝ビラ現物

 世界的に新型コロナウイルスは過去のものとなりつつあるが、これまで「我が国には感染者はいない」と強弁してきた北朝鮮で感染者が急増しているという。

 4月末から5月中旬までの累計で人口の7.6%にあたる197万8230人に新型コロナ感染が疑われる発熱症状が見られたという。

 5月16日の26万9510人をピークに発熱者は減少に転じ、6月27日には5980人に。直近では1日平均634人に落ち着いている。

 流行は短期間で収束し、北朝鮮政府も余裕ができてきたのだろう。本格的に原因究明のための調査も開始される。

 7月1日には、朝鮮中央通信を通じ、新型コロナウイルスが最初に発見された場所が、南北軍事境界線付近の江原道金剛郡伊布里だったと発表された。

感染源は韓国側から飛来する宣伝ビラ!?

 4月の流行初期の頃から、北朝鮮当局は、「風船に付いて飛んでくる見慣れない物」を警戒するよう国民に指示を出している。

 韓国側の南北境界線付近では、新型コロナ流行以前から、北朝鮮の体制を批判するビラを付けた風船を飛ばす活動が盛んに行われている。

 その宣伝ビラにウイルスが付着して接触感染を起こした。と、はっきりとは言わないまでも北朝鮮側は当初から疑っていた。

 韓国側から頻繁に風船が飛んでくる南北境界線付近で「最初の感染があった」との発表は、感染源が宣伝ビラであることをより明確にしようという意図だろうか。

 「変異した現在の新型コロナウイルスは、接触による感染は少なく、さほど警戒する必要はない」という研究データもあるのだが、国民が感染を恐れて宣伝ビラに触れなくなれば、これも好都合。

 北朝鮮とすれば、不幸中の幸いといったところか。

ビラ禁止法で3年以下の懲役か罰金3000万ウォンに

 南北両国は、朝鮮戦争停戦後も70年以上に長きにわたり「ビラ戦争」と呼ばれる暗闘を繰り広げていたのだが、1991年になると、お互いの体制を尊重して批判しないという南北合意がなされる。

 合意に基づき、双方ともにビラ配布を自粛が申し合わされた。2004年には、韓国政府も正式にビラ配布の停止を決定している。

 しかし、その後も脱北者団体による風船ビラ配布は続けられ、李明博(イ・ミョンバク)や朴槿恵(パク・クネ)の保守政権もこれを「民間が勝手にやっていること」と、見て見ぬふり。

 ついに昨年12月になって、文在寅(ムン・ジェイン)政権下でビラ禁止法が成立。

 北朝鮮に風船ビラを飛ばした者は、3年以下の懲役。または、3000万ウォン(約280万円)の罰金に処せられるようになったのだが…。

 それでも、相変わらず韓国から風船ビラが飛来し続けている。

 北朝鮮からすれば、合意違反が続くこの状況を、さぞや腹立たしく思っていただろう。

北の発表には大型風船で反撃

 さらに、北朝鮮側が、軍事境界線付近で最初の感染があったことを発表したことに対しても、風船ビラによる反論が行われた。

 7月6日になると、脱北団体が北朝鮮に向けて20個の大型風船を飛ばしたことを公表している。

 大型風船には、「金正恩(キム・ジョンウン)は韓国の宣伝ビラに感染を責任転嫁した」といった北朝鮮を批判する大きな垂れ幕も掲げられ、マスク2万枚、解熱剤7万錠、ビタミン剤3万錠などの救援物資も満載されていたという。

 これが北朝鮮側の神経を逆なでして激怒させたことは、容易に想像できる。

青山 誠(あおやま まこと)
日本や近隣アジアの近代・現代史が得意分野。著書に『浪花千栄子』(角川文庫)、『太平洋戦争の収支決算報告』(彩図社)、『江戸三〇〇藩城下町をゆく』(双葉社新書)、近著『日韓併合の収支決算報告~〝投資と回収〟から見た「植民地・朝鮮」~』(彩図社、2021年)。「さんたつ by 散歩の達人」で連載中。 

\2022年6月28日新発売/
明治維新の収支決算報告』(彩図社)

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA