「金正恩はゴルバチョフではない」北朝鮮は時間をかけて核を手放す意思を示しつつ残すことも考える

「金正恩はゴルバチョフではない」北朝鮮は時間をかけて核を手放す意思を示しつつ残すことも考える

出典 シンポジウム案内(上智大学 国際関係研究所)より

「金正恩はゴルバチョフではない」北朝鮮は時間をかけて核を手放す意思を示しつつ残すことも考える

 5月22日、「上智大学」で、同大学国際関係研究所(SIIR)主催のシンポジウム「米朝首脳会談と国際政治の構図」が開催され、パネリストとして招待された倉田秀也氏(防衛大学校教授)及び秋田浩之氏(日本経済新聞コメンテーター)が講演を行った。

 シンポジウムの冒頭、安野正士氏(国際関係研究所所長)は、「国際関係は上智の柱の1つとなる分野であり、研究所としても学生のためになるイベントを開催していきたい。秋にもシンポジウムを予定し、講演会も開催していきたい」と挨拶を行った。

 納家政嗣(国際関係研究所特任教授)は、「世界には、一貫して大国同士の争いの場となってきた地域があり、朝鮮半島もその1つである。ソ連・中国が韓国を承認して以降、北朝鮮は直接米国と対峙するようになり、現在にいたるまで危機の連続であった。現在の局面は、その一部である。北朝鮮の核が放棄されればよいという問題ではなく、朝鮮半島の安定した大国関係をいかに築くかということが、この問題の本質である」と語った。

 講演の内容は次の通りである。

倉田秀也「非核化をめぐる米朝戦略について」

 2013年3月、金正恩党委員長は、戦争抑止戦略と戦争遂行戦略、2つの戦略があるという演説を行った。戦争抑止戦略は、米国による核攻撃をいかに抑止するかに重点が置かれる。この戦略は、北朝鮮側から核を使用しないが、仮に米国が核を最初に使用した場合、北朝鮮側も核使用を辞さないというものである。他方、戦争遂行戦略は、朝鮮半島で紛争が起きエスカレートした場合、いかに戦争を朝鮮半島内部で終わらせ、米軍の干渉を防ぐかに重点が置かれる。そのために北朝鮮は、米国からの核攻撃がなくても、核による威嚇をしなければならず、在日米軍基地も標的とされる。このように相反する2つの核戦略を北朝鮮は想定している。

 金正恩は決してゴルバチョフではない。依然として核を持ち続けたいと考えているしかし、現状では、経済制裁・軍事制裁が続くと予測されるため、核戦力の一部は手放すかもしれないが、核戦力の全てを放棄することはないだろう。おそらく、リビア方式は認めず、より時間をかけ、段階的に核戦力を手放す用意を示しつつ、核保有の余地を残そうとするではないか。

 北朝鮮は、できるだけ多くの段階を作り、核放棄の過程で米国が何をしてくれるのか見ようとしている。よく挙げられるのは、安全の保証だがこれで北朝鮮が満足するとは思えない。過去、米国が北朝鮮の安全の保証を与えたこともあったが、北朝鮮は核を手放さなかった。南北首脳会談で明らかになったのは、朝鮮戦争を終わらせ平和協定を結びたいという北朝鮮の意図である。米朝首脳会談において、この話題が出てくるかもしれないが、この話も過去にあった。つまり、北朝鮮は、安全の保証・平和協定以上のものを求めてくるのではないかと考えられる。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください