3.1独立運動の導火線となる朝鮮人留学生による民族運動は現代韓国へも影響を与える

3.1独立運動の導火線となる朝鮮人留学生による民族運動は現代韓国へも影響を与える

熱心に話を聞く参加者たち。在日韓人歴史資料館

 東京都港区にある「在日韓人歴史資料館」では、一般参加者が有識者の講演を通して在日コリアンの歴史などを学ぶことができる「土曜セミナー」を定期的に開催しており、108回目となった6月2日の土曜セミナーでは、小野容照准教授(九州大学大学院)が講演を行い参加者は熱心に耳を傾けた。

 セミナーの冒頭では、早稲田大学の教授でもある在日韓人歴史資料館館長の李成市氏が挨拶を行い、「今年で1919年3月1日の朝鮮独立運動から100年を迎える。朝鮮独立運動にとって、日本に朝鮮人留学生が起こした『2.8独立宣言』(朝鮮人留学生が、1919年2月8日東京で集会し、「朝鮮青年独立団」の名で発表した独立宣言文)は非常に大きな意味を持つといわれている」と説明し、2.8独立宣言の歴史的意義を強調した。

 小野容照准教授は、「在日朝鮮人留学生の民族運動」というテーマにそって講演を行った。

 1910年代の在日朝鮮人運動史研究の叙述は、留学生が中心となる。厳密に言えば、日本定住するつもりがなく留学を終わったら朝鮮に戻る予定である留学生は在日朝鮮人には含まれないが、1910年代はその留学生が中心となって民族運動を行っていた。そして、1920年代以降は、定住志向の朝鮮人が増え、在日朝鮮人(労働者)の生活と密接した運動が行われた。

 また、このころ朝鮮半島では日本政府による武断政治が行われており、朝鮮人に言論や出版、運動の自由は認められていなかったため、民族運動の主役は留学生であった。実際、「3.1運動」(1919年3月1日に日本統治時代の朝鮮で起こった日本からの朝鮮独立運動)後の朝鮮半島内の民族運動の担い手の多くが1910年代に日本に留学をした者であるとされるし、朝鮮憲兵隊の資料には「1919年の2.8独立宣言が3.1独立運動の導火線になった」という主旨の記述がある。つまり、在日朝鮮人留学生が朝鮮最大の民族運動である3.1独立運動のきっかけを作ったと言える。

 注目するべき事実として、1910年代の朝鮮人留学生は、民族運動史において重要な存在であるのみならず、現在の韓国にも影響をおよぼしている。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください