米朝首脳会談開催。米朝両陣営の参加メンバーと当日の流れ

米朝首脳会談開催。米朝両陣営の参加メンバーと当日の流れ

出典 『BBCニュース

 6月12日、トランプ大統領と金正恩党委員長による史上初の米朝首脳会談がシンガポールの「カペラホテル」で行われた。
 
 両国代表団には、

・米国代表団
 トランプ大統領
 ポンペオ国務長官
 ケリー大統領首席補佐官
 ボルトン大統領補佐官
 ソン・キム駐フィリピン大使
 ポティンガー国家安全保障会議アジア上級部長
 シュライバー国防次官補
 サンダース大統領報道官

・北朝鮮代表団
 金正恩(キム・ジョンウン)党委員長
 金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長
 李洙墉(リ・スヨン)党副委員長
 李容浩(リ・ヨンホ)外相
 努光鉄(ノ・グァンチョル)人民武力相
 金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長
 崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官
 玄松月(ヒョン・ソンウォル)三池淵管弦楽団団長
 韓光相(ハン・グァンサン)党財政経理部長

が名を連ねた。

 以下に会談の流れと両首脳の主な発言をまとめた。

〇首脳会談(9時4分~9時51分、以下ともに現地時間)
 (会談前)
 トランプ大統領「本当に素晴らしい気分だ。我々は素晴らしい議論をし、大成功を収める。成功する。(金正恩党委員長に会えて)光栄だ。我々は素晴らしい関係を築くと思う。疑いない」

 金正恩党委員長「ここまで来る道は楽な道ではなかった。我々には足かせとなる過去があり、誤った偏見と慣行が時に我々の目と耳をふさいでいたが、すべてを克服してここまできた。世界の多くの人々はこれをSF映画や空想だと思うだろう」

〇両国の閣僚らを含めた拡大会合(9時51分~)
 <出席者>
 米国…トランプ大統領、ポンペオ国務長官、ケリー大統領首席補佐官、ボルトン大統領補佐官
 北朝鮮…金正恩党委員長、金英哲党副委員長、李洙墉党副委員長、李容浩外相

〇ワーキングランチ(11時35分~)
 <出席者>
 米国…トランプ大統領、ポンペオ国務長官、ケリー大統領首席補佐官、ボルトン大統領補佐官、ソン・キム駐フィリピン大使、ポティンガー国家安全保障会議アジア上級部長、サンダース大統領報道官
 北朝鮮…金正恩党委員長、金英哲党副委員長、李洙墉党副委員長、李容浩外相、金与正党第1副部長、努光鉄人民武力相、崔善姫外務次官、韓光相党財政経理部長

〇合意文書署名(午後1時39分~)
 トランプ大統領「非常に重要な文書に署名している。極めて包括的な文書だ。我々は実に良い関係を築いた。間もなく記者会見を開く。共に文書に署名でき、とても光栄だ」

 金正恩党委員長「今日のこの歴史的な出会いで、過去を乗り越え、新たな出発を知らせる歴史的な文書に署名する。おそらく世界は重大な変化を見ることになるだろう。今日のために努力してくれたトランプ大統領に感謝したい」

〇署名式後
 トランプ大統領「(金正恩党委員長は)素晴らしい性格で、非常に賢い。うまく組み合わさっている。交渉に値する人物だ。我々は非常に良い日を過ごし、互いの国について多くを学んだ」

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください