12.26韓国と北朝鮮の鉄道・道路がつながる

12.26韓国と北朝鮮の鉄道・道路がつながる

出典 『聯合ニュース

12.26韓国と北朝鮮の鉄道・道路がつながる

 12月26日、北朝鮮と韓国の鉄道・道路を連結する事業の着工式が北朝鮮の板門駅で開かれた。鉄道・道路の連結事業は、金正恩朝鮮労働党委員長と文在寅韓国大統領が、南北関係の改善を目指して今年9月の首脳会談で合意したことの1つである。

 北朝鮮に対する経済制裁が続く中、今後の工事着手の目途は立っていないものの、南北融和ムードを印象づける式典であったと言える。

 今回の着工式や南北関係の展望について、長年、朝鮮近現代史を研究している康成銀朝鮮大学校朝鮮問題研究センター長に話を聞いた。
 
Q 今回の着工式および南北間の鉄道・道路連結事業をどのようにみていますか。
 
 両首脳の合意から今回の式典まで、非常にスピード感がある。国の「動脈」である鉄道・道路が北南間でつながるということは非常に意味のあることである。もっとも重要なのは、鉄道・道路がつながることで、人の往来が可能となり、交流が進むことである。

Q ただ、現在国連制裁が続く中では、鉄道・道路の連結事業など経済協力を進めることは難しいとする見方が大半です。現時点で学術交流や文化交流は進められないのでしょうか。

 国連制裁により、北南間で人の行き来や、資料の交換に制限があるため、学術交流も簡単に進めることはできない。文化交流も同様である。

今後の南北学術交流。将来は朝鮮大学校で国際シンポジウム?

Q 康先生としては、今後学術交流をどのように進めていこうと考えていますか。

 将来的には、朝鮮大学校で、北南の代表団や日本、海外の研究者などを集めてシンポジウムを開催したいと考えている。現在は制裁により、共和国の代表団は日本を訪れることはできないが、いつか必ず実現させたい。

Q 朝鮮大学校で開催することはできませんが、現在でも第3国であれば開催できるのではないですか。

 それは可能で、実際に今年6月、中国の延辺大学で国際シンポジウムが開かれ、朝大や共和国の社会科学院、南、日本の研究者などが集まり、多岐に渡る分野について議論が交わされた。

 ただ、私としては、朝鮮大学校でシンポジウムを開くということに大きな意味があると考えている。

Q それはどういうことでしょうか。

 朝鮮大学校は、共和国唯一の海外大学であるばかりか、北南、海外同胞を含む民族の財産、全朝鮮人の誇りでもある。また、日本にとっても、朝鮮大学校で民族教育の権利を認めるかどうかというのは、日本の国際化や民主化の試金石にもなっている。そのような朝鮮大学校でシンポジウムを開くことに大きな意義がある。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください