「北南の歴史認識の差異が埋まらないままだと統一はうまく進まない」

「北南の歴史認識の差異が埋まらないままだと統一はうまく進まない」

1年前と比べると状況が一変した朝鮮半島情勢

「北南の歴史認識の差異が埋まらないままだと統一はうまく進まない」

 今年に入り北朝鮮と韓国の間で融和ムードが高まっており、南北交流も順次始まろうとしている。その中で、南北分断を経験した両国間には解決すべき課題は少なくなく、その1つに北朝鮮と韓国の「歴史認識」の差が挙げられる。

 長年に渡り、最前線で朝鮮近・現代史を研究してきた康成銀朝鮮大学校朝鮮問題研究センター長に歴史学的見地から見解を伺った。

Q 現在、北朝鮮と韓国の歴史認識の差はどのような状況にありますか。両国で歴史研究交流はどの程度進んでいますか。

 解放後、民族の分断によって北南間の歴史研究交流は妨げられ、共通の歴史認識を持つことができなかった。「6.15共同宣言」(※金正日国防委員長と金大中大統領によって2000年6月15日に締結された合意文章)以後、北南歴史交流が始まったが、李明博・朴槿惠両政権の登場により再び中断を余儀なくされてしまった。しかし、板門店宣言では学術研究交流が謳われており、同じ轍を踏むことはないないだろう。北南歴史研究交流を行っている団体の代表例として、2004年2月に組織された民間学術共同機構の「北南歴史学者協議会」が挙げられるが、交流は特定のテーマについて限定的に行われており、共通の現代史像を議論するまでには至っていない。しかし、焦る必要はなく、北南統一にともない徐々に共通の現代史像について議論を深めていけばよいのではないか。

Q もし北朝鮮と韓国で共通の歴史認識の差が埋まらないまま朝鮮統一が進んだ場合、どのような危険性をはらみ、どこで行き詰まりが出てくるでしょうか。

 私は、人間の価値観の根幹は「歴史をどう見るか」という点にあると考えている。そこに差異がある場合、同一民族であろうと、ともに生活を送るのは困難であると思う。したがって、北南の歴史認識の差異が埋まらないままだと統一はうまく進まないだろう。北南共通の歴史認識を形成することの重要性はその点にある。

Q 6.15共同宣言後、統一の基礎となる北南共通の歴史認識の差を埋め大衆に広く知らせることができなかった原因はどこにありますか。また、現在の状況と当時の状況はどう違うのでしょう。

 韓国では、朴正熙政権下で導入された歴史教科書が、長い間国定教科書として使われてきたが、2007年盧武鉉政権下で歴史教科書の国定化が廃止された。その後、李明博・朴槿恵政権下で歴史教科書を再び国定化しようという動きがあったが国民的反対運動が起き、文在寅政権の誕生によって新しい国定教科書が日の目を見ることはなかった。このような歴史教科書問題の背景があるため、現在、韓国における反共主義的な歴史認識は大きく後退した。したがって、2000年代前半当時と比べ、北南歴史交流は活発に進むのではないか。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA