2019年「新年の辞」のポイントは?

2019年「新年の辞」のポイントは?

出典 『BBCニュース

2019年「新年の辞」のポイントは?

 2019年1月1日に、金正恩党委員長により、「新年の辞」が発表された。

 毎年元旦に発表されている「新年の辞」は、前年を総括し新年の施政方針が示されるものであるため、北朝鮮情勢を知るための重要な分析資料となっている。

 例年は壇上で演説する形で行われてきたが、今年はスーツ姿の金正恩党委員長がソファに腰掛け、国民に語りかける形で行われた(『朝鮮中央テレビ』による放映時間は約32分間)。

 今年の新年の辞から北朝鮮の対外方針についてどのようなことが読み取れるだろうか。朝鮮近現代史などを長年研究している康成銀朝鮮大学校朝鮮問題研究センター長に見解を伺った。

Q 今年は初めて、金日成主席、金正日総書記に関する言及がなされませんでした。金正恩党委員長が就任して初めて発表された2013年の新年の辞以降、年々言及回数が減少していった中で今回ゼロとなったことで、何か特別な意味があるのではとはという見方も多いです。

 それ自体には特別な意図はないとみられる。金正恩党委員長が就任した頃は金日成主席、金正日総書記の「遺訓」を継承するということを前面に出しており、遺訓の継承者であることを示すために先代、先々代の名前を出す回数が多くなっていた。だが、金正恩党委員長は就任以降、様々な成果を上げていく中で、その遺訓を発展化させていった。そのため、自然と、先代、先々代に対する言及が減っただけであると考えられる。

Q では、金日成主席、金正日総書記を否定したり、独自路線に転換したりする意図はないと。

 金日成主席、金正日総書記を否定することはあり得ないし、言及回数が減ったから独自路線を進む意図があるとは解釈できない。あくまで、引き継いだ遺訓を発展化しているのである。

北と南が…南北関係に関する言及が大幅に増加

Q 南北関係については、「北と南が志を合わせ…」など「北と南」が主語となっている文言が頻出していることもポイントだと思いますが、新年の辞からどのようなことが読み取れますか。

 まず、「板門店宣言」と「9月平壌共同宣言」、北南軍事分野の合意書を事実上の不可侵条約であると評価し、北南関係はまったく新しい段階に入ったという認識を示している。

 一方で、これはまだ第一歩に過ぎず、昨年の成果に基づいて北南宣言を貫徹させるための歩みを加速化させなければならないとしている。

 北と南が…としているのは非常に大事なことで、平和協定や朝米会談のために南と力を合わせる必要があるという認識を示している。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください