3.1独立運動100周年を記念してシンポジウム開催

3.1独立運動100周年を記念してシンポジウム開催

 今年、3.1独立運動から100周年を迎えることを受け、「3.1人民蜂起100周年記念シンポジウム『三・一』100年が問いかけるもの」が東京都北区の北とぴあペガサスホールで開催された(主催 在日本朝鮮留学生同盟東京地方本部、西東京地方本部、埼玉地方本部、神奈川県本部)。

 シンポジウムでは、康成銀朝鮮大学校朝鮮問題研究センター長と康宗憲韓国問題研究所代表が3.1独立運動をテーマにそれぞれ講演を行った。

 以下、両氏の講演内容の一部を紹介する。

康成銀センター長「朝鮮近現代史像を共有するための歴史対話を」

 1910年代の独立運動は「閉塞期」であるとし、3.1独立運動はロシアの10月革命やウィルソンの民族自決主義に影響されたものであるという見方が一部でなされている。だが、この時期の朝鮮国内外における民族運動は途切れることなく継続しており、民衆の抵抗のエネルギーは着実に蓄積していた。

 このころの朝鮮では、日本資本が急速に浸透したことで工場労働者が増え、彼らのストライキも増加傾向にあった。これが1910年代に朝鮮国内の民族運動が労働者、農民などによる民衆運動へと方向転換し、3.1独立運動が展開される背景となった。

 1919年1月に高宗が死去すると、天道教、キリスト教、仏教団体の指導者たちは、3月1日にソウルのパゴダ公園(現 タプコル公園)で「民族代表」名義の独立宣言書を朗読する方針を決定し、独立宣言書は宗教団体、学生たちを通じて各地で大量に配布されていた。

 だが、民族代表らは決行前夜、パゴダ公園に大勢の民衆が集まることを懸念して場所を変更し、3月1日に変更先であるソウル市内の料理店「泰和館」で独立宣言を朗読した後、当局に自首している。

 このことから、彼らの目的は独立の意を内外に静かに伝えることであり、それ以上の行動を起こすことは望んでいなかったのではないかとみている。実際、民族代表の訊問調書を精査すると、「全民族的な示威運動」、「学生との連合」という計画はなく、日本の理性に訴えて自治もしくは独立を目指すという性格であり、また、欧米列強の同情に期待するという性格であった。

 一方、3月1日、当初の発表場所であったパゴダ公園では、学生をはじめとした市民が民族代表らが不在の中で宣言書朗読式を決行し、市街で示威行進を行った。これに民衆が合流し、平壌や元山など北部の都市でも運動が展開されるにいたった。

 3.1独立運動は、第一次世界大戦後初の大規模な反帝国主義運動であり、中国の5.4運動など世界各地の民族運動を鼓舞した。また、3.1独立運動の結果、日本は「文化政治」へと統治方針の転換を迫られている。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA