北朝鮮の社会を知る手掛かりに

北朝鮮の社会を知る手掛かりに

北朝鮮の社会を知る手掛かりに

 「朝鮮文化研究会」が主催する講演会が3月1日に東京都千代田区の「貸し会議室内海」で開かれた。

 20回目となった今回の講演会では、山下英愛教授(文教大学文学部外国語学科)が「ドラマから見える北朝鮮の人びとの生活」というテーマで講演を行った。

 冒頭、山下教授は、「北朝鮮の映画やドラマを研究することで、北朝鮮の社会を知る手掛かりになるのではないか」と語った上で、映像や写真を交えながら近年公開された北朝鮮ドラマについて説明した。

 参加者の中には初めて北朝鮮ドラマに触れる人が多く、講演に熱心に耳を傾けていた。

 朝鮮文化研究会では、定期的に有識者を招いて講演会を開催している。次回は5月10日午後6時30分より、任正爀朝鮮大学校理工学部教授を招いて、「朝鮮科学史を考えるー近代の諸相」というテーマで講演を行う。場所は「貸し会議室内海」(東京都千代田区神田三崎町3-6-15)。

以下、北朝鮮ドラマの紹介。


北朝鮮ドラマ「기다리는 아버지(待つ父)」

 動画タイトルをクリックすると「ユーチューブ」へ飛び、字幕がつけられる。


『北朝鮮ドラマ』我が隣たち 1話


『北朝鮮ドラマ』北方の夕焼け 第1話【新じゃが】

 以上、2つのドラマは朝鮮語のみで字幕なし。「ニコニコ動画」に続きあり。

八島有佑

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA