11月29日バンコクの北レス「ヘマジ館」摘発

11月29日バンコクの北レス「ヘマジ館」摘発

ポップで可愛らしいイラストが特徴的なバンコク・ヘマジ館の看板

 生き残っている北朝鮮レストラン(以下、北レス)の中でも日本人に特に人気があるのがタイのバンコクにある「ヘマジ館」だ。ヘマジは日の出という意味なので、日の出館や日の出食堂と呼ばれることもある。

 そのヘマジ館へ摘発が入り北朝鮮人女性スタッフは全員拘束された。容疑は、入管法違反、バンコク在住者によると、タイでの入管法違反とは、不法労働を意味することが多いという。

 摘発が入ったのは先週金曜日の11月29日で、以降、休業しており、敷地内の警備員によると7日から営業を再開すると聞いていると説明しているらしいが、事実上の閉店と見られる。

 これでバンコクの北レスは事実上消滅。残るはパタヤの「木蘭レストラン」のみとなる。

日本語ペラペラの北朝鮮美女が接客し世界最長50分のステージショーも

 ヘマジ館が日本人に人気があった理由は、ステージショーを実施すれば世界最長の50分におよぶこともあり、しかも日本人が多く居住するエリアを意識してか半分以上を日本語の楽曲で占めることがある世界でもここだけという特殊性を持っていたからだ。

 北朝鮮人女性スタッフには、日本語がネイティブレベルだったり、普通の会話ができる女性が複数いるなどこれも世界の北レスでもヘマジ館だけの特徴だった。

絶対エース李同務が日本人に大人気

絶対エース李同務が日本人に大人気

左から絶対エース李同務と朴同務

 今回は、このヘマジ館の動向を追い続けるチャンラッ李とんむ氏に特別コメントを寄せてもらった。氏は中国やアジア中の北レス訪問を重ねてきた猛者だ。 

 「ヘマジ館のアイドル的な存在だった李同勤と朴同勤に会えなくなるのが本当に寂しく残念です。別れは突然来てしまうものなんですね。バンコクには90年代から北レスはありましたが、リーマンショックを受けてターゲット客だった韓国人が激減したため2009年にはいったん閉店し姿を消しています。その後、現在のヘマジ館の場所に、2015年春に「平壌アリランレストラン」という名前でオープン。当初は、労働ビザ発給が遅れたので、北朝鮮人スタッフなしで仮営業を始めています。

 当時のメニューは、私のバンコク在住の日本人の友人が朝鮮語から日本語と英語へ翻訳しています。このメニューは、今年、メニューが一新されるまで使われていたんですよ。

 平壌アリランレストランは、その後、同じ場所で、現在のヘマジ館と名前を変えて看板もポップなアニメ調へと変えてリニューアルしています。場所柄、日本人駐在員が多いため日本人をターゲット客にしていたようです。

 ヘマジ館は、先日の「フジテレビ」系列の摘発ニュースでも紹介されたAKB48の『恋するフォーチュンクッキー』を弾ける笑顔で歌って踊る李同務という美女が大人気でした。彼女は、まさにセンターの絶対エース的な存在で、2016年ごろから在籍し。独学で勉強したという日本語はネイティブレベルへ達し、よくお客のことを記憶していることもあり日本人客の人気者でした(特におじさんから)。彼女に会いに行くためにタイへ…と私もその1人だったのですが…。

(続く)


韓国報道 「北朝鮮レストランでAKB 」 日本語字幕
 
 アイキャッチの女性が李同勤。先日のフジテレビのニュースなど多くのメディアで登場しているが、この動画は、2017年、韓国「MBC」が報じたもの。最後の、「韓国人がいなくなった席を日本人観光客で埋めようと必死のあがきに…」は、事実とは言えず、この店は、平壌アリランレストランの時代の当初から日本人客がターゲットだった。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA