ビール残念国の韓国へ革命をもたらすビールが登場

ビール残念国の韓国へ革命をもたらすビールが登場

ビール残念国の韓国へ革命をもたらすビールが登場

 ビール残念国の地位に甘んじていた韓国であるが、そこへ一筋の光が差し込んできた。2014年に発売された「クラウド(Kloud)」である。製造しているのは、「ロッテ」のグループ企業である「ロッテ酒類」。ロッテがビールと思うのだろうが、韓国ロッテの売りげ規模は日本のロッテの30倍近くの9兆円(2016年度)を越えており様々な分野の事業を展開する巨大企業だ。

 クラウドのウリは、ドイツとチェコ産という欧州ホップをブレンドした100パーセントモルツビール。さらに韓国ビール初として謳っているのが、“水で薄めないオリジナルビール”。ビールの原液に水を加えていないということらしい(一般的なビールは9割ほどが水で構成されているので、どのような定義で水を使っていないのかは不明)。

麦芽・ホップ・水で作るビールが王道。韓国の大手ビール企業の前身はアサヒ・サッポロ・キリン系?

麦芽・ホップ・水で作るビールが王道。韓国の大手ビール企業の前身はアサヒ・サッポロ・キリン系?

ソウルの街のコンビニで買えるドイツ・ドイツ・パウラーナーヘフェヴァイスビア

 以前、「キリン」を取材したときに教えてくれたのが正統とされるビールとは、麦芽、とホップ、水の3種類をベースにして作られたものと聞いたことがある。そこへ副原料としてコーンやスターチ、米などを入れるのが“まっとうなビール”だそうだ。

 クラウドは、「ハイトビール」や「カス」などの他の韓国ビールよりもやや高い価格で販売されている。それでも韓国ビールで唯一“美味い”と言えるのはクラウドだけだと思う(あくまで1ビール党の個人的な感想)。

 特に韓国の飲食店などで飲むことができるクラウドの生ビールは美味しい。ビール残念国の韓国にも春がやってきたのかと思わせてくれる味だ。しかし、韓国の報道を見ると、クラウド発売当初は売上がよかったものの、ここ数年、クラウドの売上は停滞してるようだ。韓国人には受け入れられないのだろうか。クラウドは、日本のビールだと「ヱビスビール」や「黒ラベル」、「モルツ」に近い系統かと思われる。

 というわけで、ビール好きとしてはクラウドを応援しいたいところである。余談となるが、韓国の大手ビールメーカー、「ハイト眞露」も「OBビール」もそれぞれ前身は、「サッポロビール」と「アサヒビール」の前身である大日本麦酒。「キリンビール」の前身である昭和麦酒だった歴史を有する。どうやったらあのような残念なビールになるのか…、不思議でならない。

2010年まで北朝鮮の大同江ビールを正規輸入していた韓国

2010年まで北朝鮮の大同江ビールを正規輸入していた韓国

中国・タオバオ(淘宝網)で販売されている大同江ビール

2010年まで北朝鮮の大同江ビールを正規輸入していた韓国

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA