同じ民族ながら摩訶不思議

同じ民族ながら摩訶不思議

中国吉林省延辺朝鮮族自治州の州都延吉市

韓国で揺れ動く慰安婦問題を中国朝鮮族はどう思っているのか?(1/3)の続き。

吉さん 中国が韓国と国交を結んだ1992年から徐々に韓国ビジネスが増えていったのですが、韓国人から慰安婦問題なんて聞いたこともなかったです。

 最近、韓国で『反日種族主義』の続編が発売したそうなので、読むのが楽しみですね。それにしてもなぜ、韓国の人は、自分のお金儲けのために嘘をつき、しかも敬意を払うべき高齢者も騙すようなことができるのか、同じ民族ながら不思議でしょうがないですね。

歯を見ると分かる北朝鮮の歯科レベル

司会 少し話題を変えまして、お2人の仕事上での韓国人や北朝鮮人との関わりについて教えてください。

姜さん 私の歯科医院には、中国人を中心に日本人、韓国人、さらには今は減っていますが、北朝鮮人の患者さんも来られます。

 中国は医療保険の関係もあって歯の検診や歯石除去など予防歯科での来院は少なく、虫歯になってから来院だったり、ある程度、余裕がある富裕層だとホワイトニングや矯正など審美目的で来られることが大半ですね。

 北朝鮮の人は、中国へ出張できるような商売人だったり、朝鮮労働党関係者が多いです。1人で比較的に自由に行動できるくらいなので身分の高いのでしょう。

 彼らとは言葉は問題なく通じますが、具体的な仕事内容や北朝鮮という国家についてはあまり話しません。一方で、家族のことや中国でこんなものを探しているなどはよく話してくれます。

 彼らの歯を診察すると、北朝鮮の歯科レベルがよく分かりますよ。あまりよくないですね。だから、中国へ来たついでに治療しにくるんでしょう。皆さん現金払いです。

韓国企業との取引は前払いのみ

吉さん 私は独立する前から韓国企業と仕事をしてきました。独立後も韓国との仕事をしてきたのですが、たとえば、一部の韓国人には、商品の売掛金を回収しようとすると音信不通になっていたり、逃げられたりもしました。現在は、中国国内の企業と日本企業との取引を中心にしています。韓国企業と取引するときは現金前払いをお願いしています。信用できないからです。

姜さん 私は朝鮮族3世と呼ばれる世代なんですが、私の内科医である父親も問題になっている韓国の慰安婦支援団体が事実を捻じ曲げて、多額の寄付金を集め、政府からの補助金までもらって政治活動をしてただろうという話は知りませんでした。それだけ最近の話なんだと思います。

 韓国人の患者さんも治療しますが、1人ひとりは、いい人なんです。ですが、なんと言うかどこか朝鮮族や中国人を見下しているような印象を受けることがあります。そのような教育なんでしょうね。

(続く)

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA