台湾・高雄での2度の大規模計画停電

台湾・高雄での2度の大規模計画停電

台湾のフェイスブックページを画像引用するウェイボーの投稿

台湾・高雄での2度の大規模計画停電

 台湾叩きに熱心な中国SNSでは、現在、アストラゼネカ製のワクチンを“死のワクチン”として継続的な炎上が確認できるが、その少し前には、以下のような投稿が炎上した。

 台湾の北朝鮮に関するフェイスブックページで、5月17日、夜間の平壌・未来科学者通りの写真ととも、「平壌の夜景を見て、エネルギーと地球を大切にしてくださいね」と投稿されて、現時点で236件のコメントが確認できる。

 このページは、他の投稿やコメント内容を見ると北朝鮮に対して批判的ではなく、肯定的なスタンスのページのようだ。

 この投稿の週の台湾では、5日間で2度の大規模な停電が発生していた。1度目は5月13日に南部の高雄で火力発電所のトラブルにより計画停電を実施し4000万戸超に影響が及んだ。さらに17日にも同じ発電所でトラブルが発生し再び計画停電を実施した。2度目の停電は66万戸ほどにとどまったという(計画停電、再び 蔡総統「非常に申し訳ない」/台湾)。

日常茶飯事の小規模停電

 発端となった投稿は、時系列的に5日間で2度の大規模停電を受けての皮肉を込めた投稿のようだが、この投稿を中国のSNSで取り上げて、「台湾の電力事情は脆弱」「蔡英文は無策」から「台湾は北朝鮮をバカにしている」「台湾は(北)朝鮮へ謝れ」にすり替えた批判も見られる。

 ところが、台湾のフェイスブックページの投稿のコメントへさっと目を通す限り、北朝鮮を蔑むような内容は確認できない。「電気あるんだ?」「そのうち慣れるよ、ははは」「北朝鮮中の電力を平壌に集めているからね」などが確認できるくらいだ。

 そもそも多くの中国人が「停電では台湾を批判できない」と思っているのではないだろうか。中国の都市部の電力事情は20年前と比べると格段に安定して大規模停電が起こることは少ない。今だとSNSが発展しているので、さすがの中国政府でも隠し通すのは難しい。しかし、小規模での停電は日常茶飯事なのが現実だ。

中国人は停電批判をできない?

 中国人女性と結婚して、広州で新築マンションを購入して居住する中国歴15年のある日本人男性は、

 「新しい建物ほど入居直後は頻繁に停電します。今のマンションは、水道もすべてモーターで上層階へ上げるので停電すると30分ほどで水道も止まります。入居して半年で何回停電したことか…。しかも、事前告知がない突然の停電なんで、パソコンで作業中の未保存データが消えて泣きそうになりました。特に夏場に電気が止まるとサウナ状態で最悪です。停電するとすぐにトイレ用の水をペットボトルへ詰めて、そのままショッピングモールなどへ涼みに出かけてました」

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA