中国のSNS上で停電について批判で盛り上がると中国共産党への批判とみなされる恐れもあるので、“炎上をしかけた”投稿者も気をつけたのかもしれない。
 

アクセス禁止のフェイスブック引用で官製炎上させる

アクセス禁止のフェイスブック引用で官製炎上させる

中国はフェイスブックを全面禁止にする世界でも数少ない国の1つ

アクセス禁止のフェイスブック引用で官製炎上させる

 それにしても、1月の高須クリニックの高須克弥院長の“官製炎上”同様に中国政府が、アクセス禁止にしているフェイスブックをわざわざチェックして、ご丁寧にキャプション画像を添付させて炎上させる。台湾叩きのためなら何でもOKという中国政府の意向を感じさせる官製炎上のように思える。
  
 この投稿を見ている一般の中国人たちからの「どうして俺たちはフェイスブックへアクセスできないんだ?」という当然の疑問や不満が高まるほうが中国政府にとっては、痛手になるのではと思うが、政府批判へ展開させない、不満は抑え込めるという中国政府のある種の自信の現れなのかもしれない

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA