渡航規制で激減していた中国人観光客が北朝鮮へ戻ってきた

渡航規制で激減していた中国人観光客が北朝鮮へ戻ってきた

一瞬人形のように見えるが一人ひとりがマスゲームを演じる人間だ

 2018年も半分以上が過ぎた。南北融和、史上初の米朝首脳会談を経ても米朝の微妙な駆け引きは続いている。しかし、北朝鮮を巡る緊張状態は大きく緩和し、中国政府が国際社会に同調する形で規制していた中国人の2泊以上の訪朝を解禁した結果、北朝鮮を訪れる中国人は昨年比で2、3倍に急増しているという。

 北朝鮮はこの流れに乗って観光業を一気に盛り上げたいと活発に動いており、外貨獲得のための大型イベントや催し物をしかけ外国人観光客を呼び込もうとしている。

 残り半年を切ったが、2018年北朝鮮年間イベントスケジュールを考察してみたい。

<1月> 
・12月31日24時(1月1日の午前0時)花火大会 会場金日成広場
・12月31日18時から第2回氷祭り開催 会場 金日成広場
・学生少年たちの新年サークル公演 1月4日~1月10日
○馬息嶺スキー場オープン 1月10日~3月10日

<2月>
○光明星節(偉大なる金正日総書記ご誕生76周年) 2月16日
・2月16日の花火大会
【白頭山密営で行う場合もある】
〇金日成花金正日花祭典 2月15日~18日 青年学生のダンスパーティー
・旧正月 2月16日
○朝鮮人民軍創建記念日70周年 2月8日
【多彩な記念行事や花火大会、祝賀のタンスパーティーなどで盛大に祝う】
・ボウリング大会
「2月25日賞」ボウリング競技大会 2月22日~23日 時間 10時~18時
国内アマチュア大会 1~3等にメダル、個別優勝者へカップ授与
「白頭山賞」ボウリング競技大会(プロ級)2月5日~7日
・「正日峰賞」国際フィギュア祭典 2月16日~2月17日 時間 10時~11時30分 会場 アイススケートリング 費用 現地支払い30ユーロ
【毎年恒例で開催される】
・光明星節慶祝水中ショー 2月16日~2月17日 時間 16時開始 会場 ヘルスセンター蒼光院 料金 30ユーロ
・第8回光明星節料理フェイスティバル 2月6日~9日 場所 平譲麺屋(トンイル街)
【各種料理の展示やモダン料理作り見学と試食ができる】

<3月>
・植樹の日 3月2日
・民俗祭日 旧正月十五日 3月2日
【旧正月十五日お祝い体験】
・国際婦人デー 3月8日

<4月>
〇太陽節106周年 4月15日
・第31回4月の春親善芸術フェイスティバル 4月11日~17日
・第1回国際声楽祭典 4月5日~11日
〇朝鮮人民革命軍創建記念日86周年 4月25日
【毎年盛大に祝う】
・「万景台賞」ボウリング大会(プロ級) 4月2日~4日
○第29回「万景台賞」平壌国際マラソン大会 4月8日 時間 9時30分スタート
・太陽節祝賀行事 第23回料理フェスティバル 4月上旬 場所 平譲麺屋(トンイル街)
・飴・ケーキ彫刻展示会 4月13日 場所 清流館

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA