単体のラジオは持ち込みNGだけどスマホやPCはOKに

単体のラジオは持ち込みNGだけどスマホやPCはOKに

ゆったりと横になれる国際列車の寝台車。荷物検査は各部屋で実施される

 北朝鮮は持ち込み荷物の検査が厳しいというイメージがあるが、実際は、年々緩和傾向にある。特に2013年の携帯電話(スマートフォン、パソコン、タブレット端末含む)の持ち込み解禁から緩和が促進されている。

 確かにタイや台湾など観光立国と比べてしまうと依然として厳しく感じるかもしれないが、90年代から定期的に訪朝している人にとっては、格段に緩くなったと感じているようだ。

 持ち込みが禁止されているものについては別の記事で触れるが、2019年9月の現時点でも持ち込みが禁止されているものは、単体のラジオ、双眼鏡、150ミリメートル以上の望遠レンズ、ここへ最近加わったものにドローンなどがある。ビデオカメラなどは持ち込めるが、筐体側面にGPSと書かれているものは注意が必要となる(詳細は旅行代理店へ尋ねてほしい)。

一番荷物チェックを受けるのは紙媒体

 さて、デジタル系グッズの持ち込み禁止品は全般的になくなったものの相対的に厳しく感じるのが本や雑誌など紙媒体だ。

 荷物チェック時に本の有無が聞かれて取り出して見せるとパラパラとページをめくって確認を受ける。あまり時間が割けない空路での入国だとあまりないが、鉄道など陸路での入国だと特に念入りだ。

 紙媒体で持ち込みが禁止されているのは、当然ながら北朝鮮を批判する書籍や雑誌。韓国を扱うの書籍類も注意が必要で、政治関係全般はトラブルを防ぐために持っていかないほうがいい。

 また、ポルノ雑誌は、没収だけではなく刑罰の対象となる恐れもあるので冗談でも止めたほうがいいだろう。

朝鮮魅力の旅は唯一堂々と持ち込める公認ガイドブック

 さて、多くの日本人は、北朝鮮へ観光目的で入国するであろうからガイドブックを持っていきたいところだろう。ガイドブックの代表格である『地球の歩き方』(ダイヤモンド・ビッグ社)の北朝鮮編は残念ながら存在しない。

 しかし、悲観することなかれ、ガイドブックで北朝鮮が唯一公認して堂々と持ち込めるものが存在する。

 『朝鮮魅力の旅・改訂版』(朝鮮新報社)

 だ。これは没収されることもない。当然、中国でも問題ない。しかし、最後の改定版が2012年発売とやや古くなっているので最新版の発売が待たれる。

 先日、KWTで紹介した『北朝鮮と観光』(礒﨑敦仁 著)は、持ち込みを試みた訪朝者からの情報がないが、止めたほうがいいと思われる。

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA