香港の“神”SIMでローミング通信

香港の“神”SIMでローミング通信

海外のSIMカードを使うためにはSIMロック解除を忘れずに

香港の“神”SIMでローミング通信

 北朝鮮を丹東から国際列車で陸路で訪朝する人たちに密かに人気なのが、「北朝鮮なう」のSNS投稿だ。

 平壌でも普通江ホテルなどで有料Wi-Fiを利用して「フェイスブック」や「ツイッター」などへ投稿することができることが知られている。それよりも入国した直後の今この瞬間の体験を共有したいという人向けの手段として訪朝者の間でシェアされている方法がある。

 その方法とは、中国の大手通信会社「中国聯合通信」が香港が発売しているSIMカードを使用して通信する方法だ。

 中国聯通香港が香港、中国本土の両方で4G通信できるSIMカードとして販売しているため中国本土から通信しても一度、香港へ飛ばしてからローミングでアクセスするので、香港からアクセスしていることと同じとなる。そのため、中国本土の一般回線からでは規制されているフェイスブックやツイッター、「LINE」、「Gメール」、「グーグルマップ」など「グーグル」系サービス、「ユーチューブ」、「インスタグラム」へもアクセスすることができる。いわばVPN(仮想プライベートネットワーク)的に使えるとして外国人に重宝されている“神”SIMなのだ。

ネット規制が激しい中国で使うためのSIMだが新義州駅でも使える

 「アマゾン」で2ギガバイト、7日間使用できて800円ほどで買うことができる。中国への短期旅行や出張には丁度いいくらいだろう。
 
 このカードを利用するためにはSIMロックを解除したスマートフォンである必要があるので注意が必要だが、SIMカードを取り付けるだけで面倒な設定もなく簡単に利用できる。
 
 本来は中国からのアクセスが規制されているサイトへアクセスするために利用されるものであったが、丹東駅を出発して新義州駅でも使えるため北朝鮮なうで北朝鮮入国や旅の興奮を知人たちへリアルタイムで伝えることもできるのだ。

 この方法は、旅行代理店が顧客向けに個別に伝えていて、5年ほど前までは、鴨緑江を渡り国境を越えると通信ができなくなっていた。しかし、現在は、電波が強化された(電波侵食?)のか、新義州駅停車中はもちろん、新義州駅を出発して30分ほどは電波が入るようになっている。

 そうすると、このSIMカードを新義州在住の北朝鮮人に渡せば簡単にやり取りできそうだ。今や中朝はいつでも情報共有することができるということになる。

全面監視社会の中国でのVPN利用は注意が必要

全面監視社会の中国でのVPN利用は注意が必要

グーグルマップのオフラインマップを活用すれば現在地を確認しながらの旅ができる

全面監視社会の中国でのVPN利用は注意が必要

 さて、SNSを個人名でやっている人は、興奮のあまり滞在場所を全公開で発信しないように注意したい(帰国時に問題になるかも?)。

 現在、中国ではVPN利用へ法的な規制を始めているが、現時点での規制対象は業務での使用と解釈されており、短期滞在者などが私的な目的で利用する分には問題ないとみられる。しかし、中国は、デジタル権威主義と言われる監視カメラやスマホアプリ、ドローンなどを駆使したITフル活用での全面監視社会を構築しつつあるので、今回の方法利用も含めくれぐれも用心して楽しんでほしい。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA