平壌の5つのホテルへ部分改修が指示される

平壌の5つのホテルへ部分改修が指示される

リニューアルされて日本人も宿泊できるようになった西山ホテル

 金正恩委員長は10月上旬に平壌の主要ホテル5つのホテルの改修を指示したと韓国メディアが伝えている。記事によると、指示は全面改修ではなく、ホテルごとに客室だったり最上階の回転レストラン、地下のボウリング場と細かく部分改修指示を出したようだ。

 北朝鮮は国連制裁に抵触しない観光業へ力を入れており、数年前にも国際的な5つ星ホテルの基準の調査をしたりして、北朝鮮にも他国に負けないような5つ星ホテルをと動いていた。

 以前にもご紹介したが、いわゆる日本ではホテルの等級を表示しない。しかし、日本以外ではホテル予約サイトやホテル公式サイトなどに獲得等級が星マークで大きく表示されていてホテル選びの基準となっている。

 実はホテルの等級には国際的な統一基準は存在していない。では、どうやって決めているのかというと、世界展開する大手のホテルグループの基準がグローバルスタンダードとなり事実上の国際基準となっているようだ。いわば先行の利に近いものらしい。

盗聴?マジックミラー?止まらない謎の階?噂が多い北朝鮮のホテル

 北朝鮮のホテルと言えば、盗聴されているとか、マジックミラー越しに監視されているとか、エレベーターが止まらない階があるとか話題には事欠かない。

 今回、改修指示が出されたのは、「高麗ホテル」、「羊角島ホテル」、「西山ホテル」、「普通江ホテル」、「平壌ホテル」の5つとなる。

 日本人が北朝鮮へ旅行すると大きなイベントがなければ、 高麗ホテルか羊角島ホテルに宿泊となる。この2つのホテルが北朝鮮の最高級グレードで北朝鮮独自の等級でもある特級ホテルとされている。
 
 高麗ホテルは最上階の回転展望レストランと地下のレストラン(カフェ?)、羊角島ホテルも最上階の回転展望レストランと地下のボウリング場、ゲームセンター(おそらくカカジノのこと)を改修するようだ。

 両レストランとも回転して平壌の360度の風景が楽しめることがウリだが、最近、訪れた観光客によると回転していないことも多いとの感想も聞かれる。調子が悪いのか、電気代の節約かもしれないが、いずれも改修対象となった。


夜になるとホテル周辺は真っ暗になる羊角島ホテル

特級ホテルより高い普通江ホテル

 他のホテルはこれまで日本人は訪朝リピーターで熱心に希望でもしない限りは泊まれなかった西山ホテルが、近年、急増した平壌マラソン参加ランナーへ対応するための特別ルールとして平時の旅費で日本人も宿泊するようになった(追加料金を払って特級ホテルとの2択)。また大型イベント開催時にも宿泊先となることがある。同ホテルは、お湯が出なかったり、茶色の水が出るとの声もあるが、内装はリニューアルされたばかりなのできれいだ。西山ホテルはゲストルーム30室の改修が決まった。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA