与正氏の対韓談話は半年ぶり

与正氏の対韓談話は半年ぶり

対北先制攻撃に言及した徐旭国防相(右) 出典 韓国大統領府公式サイト

 金正恩(キム・ジョンウン)総書記の妹・金与正(キム・ヨジョン)副部長は4月2日、約半年ぶりに対南談話を発表。

 北朝鮮への先制攻撃に言及した徐旭(ソ・ウク)国防相を「クズ」と激しくののしった。

 同日には、朝鮮人民軍序列トップの朴正天(パク・ジョンチョン)政治局常務委員も徐旭国防相を名指しで非難する談話を発表している。

 尹錫悦(ユン・ソクヨル)新政権の誕生前に、南北間で対立構図ができあがりつつある。

異例の先制攻撃能力に言及した韓国国防相

 北朝鮮が非難を浴びせたのは、徐旭国防相が4月1日、韓国軍のミサイル戦略司令部の改編式の中で、発言した内容である。

 徐旭国防相は、「北朝鮮のいかなる標的も正確かつ迅速に打撃できる能力を備えている」とした上で、「北朝鮮のミサイル発射の兆候が明確である場合には、発射点と指揮・支援施設を打撃できる能力と態勢も備えている」と言及していた。

 北朝鮮の核・ミサイルを探知し、先制攻撃するという「キルチェーン」システムは、過去の保守政権で提唱された概念だが、文在寅(ムン・ジェイン)政権下で、国防相が言及するのは異例であった。

 北朝鮮が、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の再発射や2017年以来となる核実験を行う可能性が指摘される中、その動きをけん制する目的があったと考えられる。

金与正談話、韓国国防相を「狂人」と非難

 この徐旭国防相の発言に金与正氏は、4月2日の談話で強く反発。

 「核保有国(北朝鮮)を相手に『先制打撃』に言及した」ことは、「自分らにとっても有益ではない軽率な虚勢」と指摘。

 徐旭国防相を「狂人。そして、クズ」と激しくののしった。

 その上で、「我々は、この者(徐旭国防相)の対決狂気を深刻に見て、多くの問題を再考せざるをえなくなった。南朝鮮(韓国)は、国防部長官なる者が吐いた妄言のために深刻な脅威に直面するかもしれない」と韓国に警告した。

 ただ、今回の談話は、韓国との決別宣言というよりは、どちらかと言えば、警告的な意味合いにとどまる印象だ。

 談話の最後は、「悲惨な変事を避けようとするなら自粛すべきである。私は、この者(徐旭国防相)の虚勢を再び見なくなることを願う」という一文が記されている。

朝鮮人民軍トップ、金与正談話と同旨で警告

 同じく4月2日に出された軍序列トップの朴正天氏の談話は、ほぼ金与正談話と相違ない内容だ。

 朴正天談話でも、徐旭国防相は、「狂人でバカ。対決意識に狂った者」とひどく非難されている。

 その上で、談話では、「南朝鮮軍がいかなる誤判断によってであれ、我が国家を相手に先制打撃のような危険な軍事的行動を強行するなら、我が軍隊は容赦なく強い軍事力をソウルの主要標的と南朝鮮軍を壊滅させることにすべて集中するであろう」と警告。

 談話の最後は、「それ以上の虚勢はやめた方がよかろう」という忠告の一文で終わっており、金与正談話と同旨であった。

 朝鮮人民軍という立場からも、韓国側に警告するのが目的とみられる。

 金与正談話と同じ日に他の部門の幹部が談話を発表するというのは、昨年も行われてきた形式だ。

非難談話は尹錫悦次期大統領に向けたものか

 新大統領となる尹錫悦氏は、大統領選挙中の今年1月にも、「主敵は北朝鮮」「挑発の兆しがある場合、キルチェーンという先制打撃しかない」と北朝鮮への強硬発言を繰り返していた。

 当時も、北朝鮮メディアは、「戦争狂」と非難するなど、尹錫悦氏の発言に反発していた。

 尹政権の発足が間近であることを踏まえると、4月2日の金与正談話や朴正天談話は、どちらかと言えば、徐旭国防相を通して、尹錫悦氏に向けられた警告とも解釈できる。

対決の時代に逆戻りの恐れ

 では、北朝鮮の警告を無視して、韓国側が対北強硬政策を続けた場合、どうなるのだろうか。

 金与正氏は、談話で「多くの問題を再考せざるをえなくなった」としているが、具体的な言及はなかった。

 まず、考えられるのは、北朝鮮が昨年、「韓国と対話の余地がある」としていた方針を撤回する可能性である。

 また、金正恩総書記が、文在寅(ムン・ジェイン)大統領との会談で交わした「板門店宣言」(2018年4月)、「9月平壌共同宣言」(同年9月)などの合意の白紙化や昨年10月に再開した南北通信連絡戦の断絶の可能性もある。

 韓国の脱北者団体による対北批判ビラ散布を巡り、北朝鮮が提起した「対南軍事行動計画」も、2020年6月以来、保留になったままだ。

 北朝鮮としては、いろいろ選択肢はあるが、一方で尹錫悦氏がすぐに態度を軟化させるとも思えない。

 このままでは、南北対話の進展どころか、対立の時代に逆戻りする恐れがある。

八島 有佑
@yashiima

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA