注目を集める2019年12月22日後の北朝鮮人労働者

注目を集める2019年12月22日後の北朝鮮人労働者

丹東駅にもっとも近い北レスとして知られていた「新義州飯店」

 北朝鮮の金正恩委員長が再び核開発とICBM発射実験を示唆するような発言が報じられて迎えた2020年。日本にってはオリンピックの年だが、北朝鮮にとってはどのような年となるのだろうか。

 昨年の12月22日は、国連制裁による北朝鮮人労働者の完全帰国を完了させなければならないとされたデッドラインだった。

 それもあり日本や韓国の報道機関は、例年以上に中国丹東へ注目をしていた。

 KWTが報じたように今回の制裁対象は、あくまで「労働者」となる。留学生や技能実習生、観光客などは制裁対象外のためこれらの手段を使って中国には北朝鮮レストラン(以下、一部北レス)従業員を始め北朝鮮労働者が生き残る可能性が高いと伝えた。

丹東の北レスは全滅?大晦日の丹東駅には北朝鮮の若い女性の姿

丹東の北レスは全滅?大晦日の丹東駅には北朝鮮の若い女性の姿

丹東駅では若い女性や複数の箱を運ぶ北朝鮮人の姿が確認できる(2019年12月31日)

丹東の北レスは全滅?大晦日の丹東駅には北朝鮮の若い女性の姿

 この年末に丹東を訪れた人やカウントダウンツアーで丹東駅から国際列車で訪朝した旅行者たちからの報告によると、丹東で営業している北朝鮮レストランを見つけることができなかった。正確にはすべての北レスかまでは確認が取れていないが、断橋近くの「柳京飯店」、その対面の「丹東高麗飯店」、鴨緑江沿いの「松涛園飯店」は営業していなかった(12月28、29日、30日)

 丹東の旅行会社へ確認すると、22日以降、これらの店が営業していたかは定かではなく昼間でも店内は暗かったと話す。

 北朝鮮人労働者を象徴する場所が北朝鮮レストランと言っていい。目立つからこそカモフラージュで閉店して、一般的な中華料理店やカフェ、バーなどで散在させてひっそりと働いているのか。それとも本当にこのまま閉店なのか。

 12月31日、丹東駅から平壌へ向かった旅行者によると、朝9時の丹東駅には大きなダンボール箱を5、6個カートで運ぶ北朝鮮人男性や若い北朝鮮人女性の姿が確認できている。目撃したのは、北朝鮮レストランで働いているような20代半ばの女性だった。

冬が厳しくオフシーズンの丹東では北朝鮮人が春まで帰国することも

 もっともこの光景自体は毎年目にすることができる。そもそもこの時期の丹東や中国東北地方は日中でも零下という厳しい寒さの季節なので、地元の人間でも外食したり、外へ遊びに行かず自宅で過ごす人が多い。ましてや観光客はガクンと減る完全なオフシーズンだ。わざわざこの時期に中国人が観光で丹東を訪れることも少ないので、丹東などにいる北朝鮮人たちは、12月ごろに帰国して旧正月明けの2月ごろにまた戻ってくるという流れが定着している。

 中国人観光客が丹東へやってくる3月ごろになったら再び北朝鮮レストランが何事もなかったように営業を再開しているのか継続取材していきたい。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA