最初の国歌演奏で全員起立する平壌の劇場

 長引く新型コロナウイルス感染によって、外出を自粛している人も多いだろう。マイナス面も多いが、家で趣味や学習に没頭するにはいいタイミングとも言える。そこで今回は「北朝鮮」について多くを知らない人のために、北朝鮮を題材にした5つの映画をご紹介したい。

1.知られざる北朝鮮の実態とは?「北朝鮮・素顔の人々」

 北朝鮮の実態を知りたい人にオススメしたい映画が「北朝鮮・素顔の人々」。2000年代中盤に、北朝鮮の住民たちによって秘密裏に撮影された映像をもとに製作されたドキュメンタリー作品だ。国家の理想と現実を、同じく社会主義を経験した東欧の視点で浮き彫りにする。

監督 稲川和男・朴炳陽
2014年製作 30分

2.収容所から脱北した男性の告白「北朝鮮強制収容所に生まれて」

 報道でよく聞く「強制収容所」の実態を知りたい日本人は多いはずだ。映画「北朝鮮強制収容所に生まれて」は政治犯強制収容所からの脱出に成功した青年が語る衝撃のドキュメンタリー映画。北朝鮮の強制収容所を逃れた数少ない人物の記録。

監督 マルク・ヴィーゼ
2015年製作 110 分

3.北朝鮮で暮らす人々の日常を描いた「ワンダーランド北朝鮮」

 あなたの知らない北朝鮮の姿が明らかに。映画「ワンダーランド北朝鮮」は(北朝鮮)の一般の人々の暮らしぶりを取り上げたドキュメンタリー映画。北朝鮮で暮らす普通の人々の姿を見たい人にオススメしたい。

監督 チョ・ソンヒョン
2019年製作 109分

4.韓国で1000万人以上の動員数を記録した「シルミド」

 韓国で1000万人以上の観客動員数を記録した有名作品。キム・イルソン暗殺計画とそれをめぐる工作部隊の反乱事件を描いた実録サスペンスアクション。「シルミド」と呼ばれる無人島に集められた31人の男たちに、キム・イルソン暗殺命令が下されるが…。

監督 カン・ウソク
2004年製作 135分

5.理想の家族の正体は?「太陽の下で -真実の北朝鮮-」

 北朝鮮で暮らす人々の日常生活に肉迫したドキュメンタリー作品。監督は北朝鮮政府から撮影許可を得るまで2年間、平壌の一般家庭の密着撮影を決行した。理想の家族の姿が映像に記録されているが、その真実は…。

監督 ヴィタリー・マンスキー
2017年製作 110分

映画やドラマを通して見る北朝鮮の庶民生活

 ラインナップを見てお分かりの通り、北朝鮮を題材にした映画は見応えのあるドキュメンタリー作品が多い。

 最近では、「愛の不時着」で北朝鮮の庶民の生活に関心を寄せる人が増えている。子どもたちが踊る律動体操とはどんな体操なのか。チャンマダンとはどんな場所なのか。どうして頻繁に停電シーンが登場するのかなどなど、その中で生きる北朝鮮人の日常生活に興味を持つ人も増えているようだ。

 北朝鮮の実態を知りたい人はまずは映画からチェックしてみてはどうだろうか。

井上 一希

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA