日本でもNetflixで話題となっている韓国ドラマ

日本でもNetflixで話題となっている韓国ドラマ

物語の発端はパラグライダーでの軍事境界線越え

日本でもNetflixで話題となっている韓国ドラマ

 日韓関係は過去最悪と言えるほど冷え込んでいる中で、それとは裏腹に日本で韓国ドラマ「愛の不時着」が大人気となっている。

 愛の不時着は、「パラグライダー中に事故で38度線を越えて北朝鮮に不時着してしまった韓国の財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン)。そこで出会った堅物の将校リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)の家で身分を隠して暮らす」というラブストーリー。

 韓国では2020年2月までケーブルテレビで放送され、異例の高視聴率で歴代1位の快挙となった。

 また、動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で全16話の配信が開始されて以来、6月11日現在も日本の視聴数ランキングではトップ10以内をキープしている。

 元レスリング選手の吉田沙保里氏や女優の桐谷美玲氏、元大阪府知事の橋下徹氏など多数の著名人も高評価を伝えている。

 視聴した人から話を聞くと、「普段は恋愛要素に重点が置かれる韓国ドラマを毛嫌いしていたが、この作品はありがちなラブロマンスではないし、サスペンス要素もあって楽しめた」(30代男性)、「『南北分断』について考えたこともなかったが、ドラマを通して分断国家という不自然な状況について考えるようになった」(20代女性)という感想が寄せられた。

ドラマは実際の事件をモチーフ

 さて、この「パラグライダーで誤って軍事境界線を越えた」という設定だが、「韓国女優のチョン・ヤン氏の遭難事件からインスピレーションを得た」と製作側が明かしている。

 この事件は、2008年9月にチョン・ヤン氏数名が乗ったレジャーボートが気象悪化により漂流し、誤って北朝鮮海域に侵入したものである。

 チョン・ヤン氏らは見知らぬ海岸に到着して現地住民に仁川方面への航路を尋ねたところ、状況を理解した現地住民から「すぐに(韓国に)戻りなさい」と言われた。北朝鮮特有のなまりから、彼女らはそこが北朝鮮であることに気づき、急いで韓国方面に向けてボートを進めたが、北朝鮮の警備艦に見つかって警告放送と銃撃を受けたのである。

 幸いにも、ドラマとは異なりチョン・ヤン氏らは何とか警備隊の追尾から逃れ、韓国海軍に救助されている。

北朝鮮側は虚偽と捏造に満ちた荒唐無稽で不純極まりないと反発

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA