このため、李雪主氏が男の子を産み、その名前がキム・リョンジュである可能性があると述べた。北朝鮮では、金ファミリーと同じ名前の使用を禁じることがあるからだ。

 09年生まれだとすると、今年11歳になる。このため姜氏は、「4代世襲が現実味を帯び始めた」と述べている。

 あくまで噂のレベルではあるものの、李雪主氏は金ファミリーの中心人物である。さらに不在が続けば、さらに憶測が広がるに違いない。
 

五味 洋治(ごみ ようじ)
1958年長野県生まれ。83年東京新聞(中日新聞東京本社)入社、政治部などを経て97年、韓国延世大学語学留学。99~2002年ソウル支局、03~06年中国総局勤務。08~09年、フルブライト交換留学生として米ジョージタウン大に客員研究員として在籍。現在、論説委員。著書に『朝鮮戦争は、なぜ終わらないか』(創元社、2017年)、『金正恩 狂気と孤独の独裁者のすべて』(文藝春秋、2018年)、近著『新型コロナ感染爆発と隠された中国の罪』(宝島社、2020年・高橋洋一らと共著)など。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA