2017年開設だが最近一気に注目されたEcho DPRK

2017年開設だが最近一気に注目されたEcho DPRK

平壌で今もっとも最先端な場所の1つ大成デパート

 北朝鮮といえば、大げさな語り口のアナウンサーが、指導者を仰々しく賞賛するのがお決まりだった。ところが、最近はSNSを巧みに利用し、スマートな宣伝戦に乗り出している。

 中でもウンアと名乗る北朝鮮の女性が、英語を交えて北朝鮮の実状を伝える「ユーチューブ」チャンネルは注目の的だ。韓国メディアも警戒しつつも、その映像を度々取り上げている。

 このチャンネルは「Echo DPRK」というタイトル。2017年8月開設され、現在まで約40の映像を公開している。

 9000人余りの購読者も確保していて、固定ファンがいることが分かる。

 ウンアは20代とおぼしき短髪の若い女性だ。胸には金日成、金正日親子のバッジをつけている。

 英語もなかなかのものだ。この若さで海外留学は考えにくいので、外国語大学で学んでいる学生だろう。ウンアが出るEcho DPRKは、これまでは平壌の名所を紹介する普通の内容だった。ところが最近、海外で行われた北朝鮮の報道に反論する内容を放送し、一気に関心を集めた。

演出臭い構成も手が込んでいる


True or False(Panic buying): Un A’s Pyongyang tour series: #northkorea
 
 2万アクセスを超えるスーパー突撃(?)インタビュー編(英語字幕付き)。最近の動画のハッシュタグには#Norhtkoreaも

 4月に金正恩朝鮮労働党委員長が20日間姿を見せなかったときのこと。米紙の『ワシントン・ポスト』紙が、正恩氏の消息が分からないことで不安が広がり、「平壌で買い占めが起きている」と報道した。

 ウンアはさっそく、番組の冒頭で「買い占めは真実でしょうか?偽りでしょうか?」と視聴者に語りかけたあと、平壌市内のスーパーを訪れ、買い物客にインタビューを行った。

 場所は、最近、改装されたばかりの大成デパートだった。
 
 店内には豊富な品物が並んでいる。

 ここがソウルと言われれば、信じてしまいそうだ。

 奥様風の買い物客はマスクをしっかりつけている。「このごろ物価が高くなりましたか?」とウンアが聞く。買い物客は警戒するでもなく「むしろ一部の製品は安くなっていますね」と答えた。他の買い物客も「モノは不足していません」と無愛想に答えている。
 
 2人とも驚きもせず質問に答えており、むしろ不自然だ。演出臭さも漂っているが、ウンアは、「フェイクニュースはもっとも望ましくないことです」とソフトに番組を締めくくった。

 トランプ米大統領が、メディア批判で好んで使う「フェイクニュース」という用語を使うあたり、手が込んでいる。

一般ユーチューバーでは無理な映像と海外報道に反論する動画も発信

 正恩氏は5月1日に、順川リン酸肥料工場(平安南道)の竣工式に参加して、20日ぶりに動静が確認された。一部メディアが、「この基地は核兵器に使われるウラニウムの抽出基地としても活用される」と疑惑を指摘した。

 これについてもウンアは番組の中で、「順天の肥料工場は穀物生産基地です」と反論した。この映像も7000人ほど視聴している。

 その他、北朝鮮の新型コロナウイルス感染予防の現場や、こどもの日には高級アパートに住む子どもたちの様子を直接レポートし、北朝鮮のイメージ向上に一役買っている。海外メディアが羨む、お宝映像が続々登場する。

 他の国と違って、北朝鮮では個人がユーチューバーとして活動することは不可能だ。Echo DPRKは外国メディアが入れない場所での映像撮影も自由に行っており、公的機関が裏にいて協力しているのは間違いない。
 

Children Health Day(Un A’s Pyongyang Tour Series)
 

7歳の女の子の日常を紹介するチャンネルも登場。金与正氏が関与か?

これ以外でも北朝鮮当局が絡んでいると思われるチャンネルはいくつかある。「NEW DPRK」は最近、7歳の女の子の日常を紹介するシリーズを始めた。自宅にあるピアノの練習をした、宿題をする様子が、丁寧に撮影されている。

 このチャンネルを「北朝鮮に7歳のユーチューバーが登場した」というタイトルでニュースで取り上げた韓国の「MBCテレビ」(2020年5月25日)は、「若い指導者(正恩氏のこと)の考えかたが反映している」と伝えた。

 韓国の研究者は、Echo DPRK、NEW DPRKは朝鮮労働党の宣伝扇動部が関与していると見ている。この組織は、国民の思想教育や宣伝活動を行っている。現在は、正恩氏の実妹である与正氏が担当している。

 この他にも北朝鮮は、関係する団体や人物が、「フェイスブック」、「ツイッター」や中国のSNSでも発信を活発に行っている。

 南北関係を扱う韓国統一省のスポークスマンは5月11日、定例ブリーフィングでEcho DPRKにいて記者から質問され、「北朝鮮当局が行っていると断定するのは難しいが、見守らなければならない」と関心を示している。


Daily life of kids in Pyongyang | Pyongyang Vlog | New DPRK

五味 洋治(ごみ ようじ)
1958年長野県生まれ。83年東京新聞(中日新聞東京本社)入社、政治部などを経て97年、韓国延世大学語学留学。99~2002年ソウル支局、03~06年中国総局勤務。08~09年、フルブライト交換留学生として米ジョージタウン大に客員研究員として在籍。現在、論説委員。著書に『朝鮮戦争は、なぜ終わらないか』(創元社、2017年)、『金正恩 狂気と孤独の独裁者のすべて』(文藝春秋、2018年)、近著『新型コロナ感染爆発と隠された中国の罪』(宝島社、2020年・高橋洋一らと共著)など。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA