接種率が日本を下回ると、政権の支持率にも大きく影響する。そのため確保したワクチンがまだ少ない状況でも、2回目の接種分まですべて投入して接種率を上げるような無茶もやらかした。

 NHKのコロナ特設サイト(世界のワクチン接種状況)にある「ワクチンを少なくとも1回接種した人(割合)」を見れば、6月14日の段階で日本は12.6%、韓国は23.02%で現段階では優位性を確保している。

 両国ともに欧米と比べるとかなり低い数値ではあるのだが…、「日本に勝った」ということで、国民の納得は得られるか。
 

青山 誠(あおやま まこと)
日本や近隣アジアの近代・現代史が得意分野。著書に『浪花千栄子』(角川文庫)、『太平洋戦争の収支決算報告』(彩図社)、『江戸三〇〇藩城下町をゆく』(双葉社新書)などがある。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA