以来、イタリアでは嫌韓感情が燃えあがる。W杯の2年後、サッカー・コッパイタリア決勝戦式典に「江南スタイル」で人気のPSYがスタジアムで曲を披露したのだが、この時、観客席から激しいブーイングが巻き起こる。PSYが困惑顔でスタジアムから去る姿が印象的。イタリア人の韓国に対する激しい憎悪が実感できるシーンだった。また、サッカー元イタリア代表のデル・ピエロが、2018年ロシアワールドカップに関するインタビューを受けた時も、韓国が話題に出ると「韓国は悪いジョークを作るのに慣れているから」と、皮肉交じりにコメントしている。

 あの時の忌まわしい記憶は、イタリア人の心に深く刻み込まれているようだ。もしも、それが今回のグリーンパス対象国の選定に影響していたとするのならば…、因果応報といったところか。
 

青山 誠(あおやま まこと)
日本や近隣アジアの近代・現代史が得意分野。著書に『浪花千栄子』(角川文庫)、『太平洋戦争の収支決算報告』(彩図社)、『江戸三〇〇藩城下町をゆく』(双葉社新書)などがある。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA