数多くの呼称を持つ在日コリアン

数多くの呼称を持つ在日コリアン

朝鮮総督府庁舎。韓国併合時、朝鮮という呼称に統一した 出典 門田房太郞 [Public domain], via Wikimedia Commons

 日本居住の朝鮮人や韓国人ほど多様な呼称を持つ民族は珍しい。

 在日コリアン、在日朝鮮人、在日韓国人、在日朝鮮・韓国人、在日、コリアン・ジャパニーズ韓国・朝鮮系日本人など様々で、当事者がどの呼称を用いるかは「自分は何者か」という自己規定にも大きく関わる問題である。

 その中で在日コリアン側から「日本人は朝鮮人という呼称を避けがちである」という話を時折耳にすることがある。朝鮮人とははっきり言わずに、「朝鮮の方」や「むこうの方」など遠回しな表現を使用すると言うのだ。

 一方で日本人側からも「朝鮮人という表現は正しいのだろうか」とためらう声を聞いたこともある。韓国人という呼称を避ける例はあまり聞かれないが、なぜ朝鮮人という呼称に違和感を持つ人が多いのだろうか。

朝鮮人という用語の歴史

 もちろん朝鮮や朝鮮人という語は、地域や民族を指すもので、蔑称や差別用語ではない。たとえば日本では「李氏朝鮮」と呼ばれている朝鮮王朝が1392年から1897年まで朝鮮半島に存在していた。この頃の朝鮮は国名であり、そこに住む人々は朝鮮人もしくは朝鮮民族であった。

 その後の大韓帝国(1897年~1910年)時代は「韓人」という表現もあったが、1910年の韓国併合によって大韓帝国は消滅。日本は朝鮮という地名を強制し、朝鮮に本籍地を有する日本臣民となった者は朝鮮人と称されることになった。

 1945年の日本敗戦で植民地支配が終わった後も朝鮮人という呼称は用いられてきたし、「朝鮮を取り戻した」という意味から在日朝鮮人側も積極的に使用してきた。だが、1948年に南北分断政府が成立したことで朝鮮人と韓国人という呼称の区別が出てくることになる。今では帰属意識が朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)にあれば朝鮮人、大韓民国(韓国)にあれば韓国人とされることが多くなった。

 実際、南北分断政府の海外同胞団体のうち、北側の「在日本朝鮮人総聯合会」(朝鮮総連)では綱領などで在日朝鮮人という呼称を使用しているが、南側の「在日本大韓民国民団」(民団)の綱領では在日韓国人という呼称を用いており、両者はっきり区別している。

 このような経緯もあり、現在、韓国側は「朝鮮人という語は北側を指す」という認識を持つようになって政治的理由から朝鮮人という語を避けるようになった。

 では、日本人が朝鮮という用語にためらいを感じる理由はなんだろうか。

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA