昨年は日本人訪韓者の2.6倍の753万人の韓国人が訪日

昨年は日本人訪韓者の2.6倍の753万人の韓国人が訪日

韓国の観光地のお土産屋さん

 慰安婦像や徴用工訴訟、レーダー照射などあらゆる面で葛藤が激化、日韓関係が冷え込むなか、訪日韓国人は減るどころか、年を追って増加、昨年は753万人の韓国人が日本を訪れている。

 訪韓日本人は294万人というから訪日韓国人の半分に満たない4割弱。韓国人にとって海外旅行先として日本は大人気だ。

 では、なぜそれほど日本は人気があるのか。

その 理由の一端が伺える興味深い記事が、韓国のポータルサイト「ネイバー」が運営するニュースサイトで、人気記事ランキング入りを果たしていたのでぜひ紹介したい。

문화·숙박·교통 3박자…日 소도시 찾은 외국인 관광객들 “스고이”

 見出しは「文化・宿泊・交通3拍子、日本小都市を訪れる外国人観光客『スゴイ』」。『韓国経済新聞』が配信。

「ぐんぐん伸びる日本観光VS足踏みする韓国観光」と小見出しが付いた同記事では、中国によるTHAAD報復措置などによって韓国のインバウンド観光(訪韓外国人旅行)の成長が足踏みするなか、日本を訪れる外国人観光客数がなぜ伸びているのかを細かく分析。「地方」をキーワードに、日本の強さの秘密を解き明かしている。

 「妖怪の町」として名高い境港市、映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」のロケ地となった豊後高田市、映画「君の名は。」の舞台となった岐阜県などの事例を取り上げつつ、日本は、イントラバウンド(国内観光)の基盤がしっかりしており、観光インフラが小都市まで体系的に整備されていること、どの地域に行っても独特の文化が体験できるように丁寧に観光商品が開発されていることなどを指摘。

 また、日本を毎年10回以上訪れるという紀行作家(42歳)の、「日本は、観光記念品1つをとってみても、韓国と違い地域の特色がきちんと盛り込まれた独特な品が多く、その地域でなければ買えないものが多いので購買欲が刺激される。地域を代表する食べ物から宿、温泉まで特色があり、それが日本観光の強み」とのコメントなども取り上げている。

コメント欄には日本への称賛

コメント欄には日本への称賛

「文化・宿泊・交通3拍子、日本小都市を訪れる外国人観光客『スゴイ』」 出典 「ネイバーニュース

コメント欄には日本への称賛

 日本の地方色の豊かさ、土地ごとに特有の文化が根付いているのは、江戸時代の幕藩体制など歴史、高く険しい山で遮られた独特の自然など、さまざまな要因によるのではないかと思いながら、これら記事を読んだが、実は、記事以上に興味深かったのがコメント欄。

 日本に対する悪態や批判が並ぶことが多いコメント欄が、日本称賛にあふれているのだ。

leeh****「日本は村や都市が自然と調和、山が美しく重なり細やかで、色とりどりの風景が懐かしく、なにか村を温かく包みこんでくれるような、見えない何かがある」

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA