アメリカ大使館のサイトにはビザ申請から取得まで5営業日ほどと紹介されているが、北朝鮮解説などでテレビ出演しているある研究者はビザ取得まで3か月かかったりしたケースもある。

 以下は未確定情報となるが、どうやら米大使館はSNSの内容も調査しているようで、SNSの利用頻度が高い人は注意を払う必要がありそうだ。
 

SNS好きは発信内容に注意

SNS好きは発信内容に注意

州によって多少異なるが米イミグレは時間がかかる

SNS好きは発信内容に注意

 意外と知られていないことにアメリカはトランジットなど第三国への乗り継ぎでも入国が必要なため米ビザが必要となる。この点も注意が必要だ。

 「北朝鮮への渡航歴はパスポートには残らないので自分から申告でもしない限りは訪朝したことはバレないと思います。ですが、アメリカ合衆国は私が生きているうちに消滅することはないと思うので、万が一、バレると一生涯入国できなくなりそうです。あと何年続くか分かりませんが、現在のESTA除外処置が解除されるまではB2ビザを取得したほうがいいと思います」(愛知県・女性)

 本名でメディアへ出演していたり、著作物で顔出しをしたり、個人特定される情報を公開してSNSで盛んに発信したりする人は留意をしたほうがいいかもしれない。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA