米朝対話は停滞か?ポンペオ訪朝に対する北朝鮮外務省の非難談話

 8月1日(現地時間)、米朝共同声明に基づいて朝鮮戦争で行方不明になった米兵の遺骨55柱が北朝鮮から米国に返還され、記念式典が行われた。

 6月12日にシンガポールで開催された米朝首脳会談以降、米朝対話はこのように進展していると見える一方で、米朝間では依然として「非核化」の認識に隔たりがあるため米朝対話は停滞しているという声も多い。

 ポンペオ米国務長官は7月6日から7日まで訪朝し、金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長と会談した。

 3回目となったポンペオ訪朝であるが、北朝鮮外務省はポンペオ国務長官が平壌を離れた後に談話を出し、米国の対北姿勢を厳しく非難した。

 『朝鮮中央通信』を通じて出された外務省談話では、「トランプ大統領と築いた親交関係が今後の対話を通じて、より強固なものになると期待していた」にもかかわらず、ポンペオ国務長官が「首脳会談の精神に反して、CVID(完全かつ検証可能で不可逆的)を主張し、強盗的な非核化要求だけを持ち出した」と強く非難している。また、北朝鮮が米国の「強盗的な要求」を受け入れざるをえないと考えているのであれば、それは「まったく間違っている」と警告した。

 北朝鮮がシンガポール会談以降これほど米国を非難したのは初めてであり、北朝鮮にとってポンペオ国務長官の要求がいかに受け入れがたいものであったことを示している。

 金正恩党委員長が今回ポンペオ国務長官と会談しなかったことは、北朝鮮側の失望の表われだろう。

米国の「強盗的な要求」とは何だったのか?アメリカの余裕と北朝鮮の焦り

 一方で、ポンペオ氏は上記談話を出す直前、記者団に「建設的」な協議だったと述べている。

 米朝双方の発表には隔たりがあるように感じるが、米国としては「言うべきことを言った」という評価であり、北朝鮮からすれば「受け入れがたい一方的な要求(『強盗的な要求』)であった」という評価なのだろう。

 ただ、「一方的な要求」といっても、米国が「CVIDを受け入れなければ米朝対話を打ち切る」などと積極的に圧力を加えたわけではないとみている。

 米国がそのような要求をしたのであれば、北朝鮮側は談話で「米国が脅迫した」と強く主張するはずである。

 シンガポール会談以降のトランプ大統領の発言から考えても、米国がそのような圧力を加えるとは考えにくい。

 そこで、北朝鮮が上記談話で、「一方的で強盗のような非核化要求だけを持ち出した」、「朝鮮半島の平和体制構築の問題については一切言及せず、すでに合意された終戦宣言問題まであれこれ条件と口実をつけて遠く先送りしようとする立場をとった」と非難していることを踏まえると、米国は、「北朝鮮がCVIDに基づいて非核化を行わなければ、平和体制や終戦宣言について協議することはできない」と突き放した可能性が高い。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください