現在は米朝首脳同士でメッセージを送りあう期間。9月9日の北朝鮮の建国記念日へ向けて急展開も

 実際、北朝鮮は、上記談話では米国のやり方を非難しつつも、「我々はトランプ大統領に対する信頼をまだ保っている」と伝えている。

 また、非核化について思い通りに話が進まない中でも今回米兵の遺骨を返還したことは、「北朝鮮は米朝共同声明で約束されたことを着実に実行している」というメッセージとも取れる。

 トランプ大統領が遺骨返還を受け、自身のツイッターで、「金正恩党委員長が約束を守ったことに感謝する。近いうちに会えることを楽しみにしている」と述べたことについて、金正恩党委員長はどのように解釈しているのだろうか。

 米朝は、表面上、非核化を巡り膠着(こうちゃく)しているという声もあるが、両国首脳がメッセージを送りあう期間と考えると必ずしも米朝対話が停滞しているとは言えない。

 少なくとも、昨年まで片方がミサイルを発射して、片方が戦争をちらつかせて非難を浴びせるという負の応酬をしていたことを考えると、米朝関係は着実に進展している。

 北朝鮮にとって重要な記念日である9月9日の建国記念日まであと約1か月。米朝対話が急展開する可能性もあるため8月は米朝両国の動向に目が離せない。

久原嶺白(Hisahara Mineaki)

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください