日韓関係の優先度低下を憂慮する韓国メディア

日韓関係の優先度低下を憂慮する韓国メディア

防衛白書から読み取る日本と韓国の関係2020

日韓関係の優先度低下を憂慮する韓国メディア

北朝鮮と中国の軍事動向を警戒 2020年版「防衛白書」を読み解くポイント(1)の続き。

 7月14日に2020年版『防衛白書』が発表されるにあたって、日韓関係がどのように位置づけられているかが注目された。

 昨年、2019年版防衛白書が発表された当時も、韓国メディアからは「韓国の優先度が下がっている」と憂慮する声が聞こえた。

 たとえば、安全保障、防衛分野で協力している国について記述している「第3章」の掲載順についてである。

 第3章では、日本と米国の協力関係について説明した後、その他の協力国について紹介している。

 2018年版までは、オーストラリア、韓国、インドなどの順番で2番目に登場していた。だが、2019年版では、オーストラリア、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)に続いて4番目に登場したため、「順位が下がっている」と声が挙がったのだ。

 それで2020年版はというと、今回も韓国は4番目であった。

「韓国との幅広い防衛協力」文言削除

 他に注目されたのは、韓国との防衛協力をどのように認識しているかである。

 2019年版防衛白書では、韓国政府が「日韓秘密軍事情報保護協定」(GSOMIA)の破棄を決めたことなどの実例を挙げ、「韓国側の否定的な対応などが、日韓の防衛協力・交流に影響を及ぼしている」と指摘していた。この記述に対しては当時、韓国から「韓国に関係悪化の責任を押しつけている」と反発が挙がっていた。

 この点、2020年版では「韓国側の否定的な対応」という表現が「日韓防衛当局間にある課題」と変わっており表現が和らいだ形だ。

 一方で2019年版では、北朝鮮の核問題など安全保障上の課題に対応するため、「韓国との間で幅広い分野での防衛協力を進めるとともに、連携の基盤の確立に努める方針である」と示していたが、2020年版では「幅広い分野での防衛協力推進」の一節が削除された。

 「日韓両国が直面している安全保障上の課題は(中略)広範かつ複雑なものとなってきている」と言及するにとどまっている。

残る日韓のわだかまり

 これに加えて、2019年版と同じく解決すべき「課題」として、(1)2018年10月の韓国主催国際観艦式における海自の自衛艦旗をめぐる韓国側の対応。(2)同年12月の韓国海軍駆逐艦による自衛隊機への火器管制レーダー照射事案。(3)GSOMIAに関する対応を挙げている。韓国側にこれら懸案事項に「適切な対応」を求めていく方針は引き継がれた形だ。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA