日本や韓国で現在の日韓関係を憂慮する声は多いが、その一方で「歴史認識問題を解決せずに妥協しても、再び日韓関係は破綻する」という慎重論も双方から聞かれる。

 日本政府が防衛白書で中国や北朝鮮の脅威を強調しながらも、日韓防衛協力を急がないのも同様の理由なのかもしれない。

 その場しのぎの関係改善ではなく、時間をかけて対話と交渉を進めていくほかないだろう。

防衛省『2020年版防衛白書

八島 有佑

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA