忘れられた三党共同宣言から30周年

忘れられた三党共同宣言から30周年

金丸訪朝団の三党共同宣言から2020年で30年を迎える

忘れられた三党共同宣言から30周年

 日朝関係における重要な合意として、日朝平壌宣言(2002年)やストックホルム合意(2014年)が挙げられることが多いが、今からちょうど30年前に重要な合意があったのはご存知だろうか。1990年9月28日の「三党共同宣言」である。

 これは、訪朝していた金丸信(自由民主党代表団長)と田辺誠(日本社会党代表団長)が、金容淳(朝鮮労働党中央委員会書記)と交わした合意である。

 三党共同宣言はいわば日朝交渉の始点の1つとも言うべき重要な合意であるが、今日ではその重要性が顧みられる機会が少なくなっている。

 日朝交渉が停滞している今、改めて三党共同宣言の意義を再確認するため、朝鮮近現代史を研究している康成銀氏(朝鮮大学校朝鮮問題研究センター研究顧問)に解説してもらった。

三党共同宣言にいたるまでの背景を康成銀氏が解説

Q 1990年に日本から自由民主党、日本社会党代表団が訪朝しましたが、それまでは日朝関係はどのような状況にあったのでしょうか。

 朝鮮民主主義人民共和国の対日国交正常化のアプローチはすでに1950年代から始まっていた。

 1955年2月25日、南日外相の声明で日本との関係正常化の意志を公式に表明した。当時の鳩山一郎内閣は日本の戦後処理の一環として対ソ国交をはじめ社会主義諸国との関係改善を希望していたため、南日外相の声明は時宜にかなうものであった。

 同年10月20日、朝鮮を訪問した古屋貞雄を団長とした日本国会議員団、また、10月29日、帆足計を団長とした国会議員団との間で、国交正常化、貿易代表部設置、文化交流拡大、自由往来、両国漁民の漁労保障実現、在日朝鮮人の民族教育権保障などの「日朝国交正常化に関する両国議員団共同声明」(第1次および第2次声明)が採択された。

 しかし、日本外務省は朝鮮政府の提案を「共産陣営の平和攻勢の一環」であるとの見解を発表してこれを無視した。日韓交渉の妥結を優先し、それに支障をきたす朝鮮との関係改善はしないとの姿勢のあらわれであった。

 朝鮮政府の対日関係改善の基本姿勢は「韓日条約」締結以後も変わりがなかった。1972年9月7日、朴成哲副首相は南北赤十字会談の取材のため訪問した日本人記者団に対して、「日本と南朝鮮との外交関係をそのままにしておいても朝日国交を樹立することができ、それは朝鮮の統一の障害にならない」という見解を述べている。

 その後、日本政府の対朝鮮政策が変わってきたのは、1989年3月30日の竹下登首相の国会発言からであった。竹下首相は過去の関係についての深い反省と遺憾の意を表し、前提条件なしに政府間の対話を求めた。

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

One Comment

  1. 投稿テストです。

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA