ちなみに北朝鮮は、鉄鉱石以外にも鉱物資源が豊富で、マグネサイト (世界3位)、黒鉛(世界6位)など世界有数の埋蔵量を誇る。

 2018年に公表された韓国鉱物資源公社の資料では、北朝鮮の鉱物資源の市場価格は、2017年基準で約3795兆ウォン(約370兆円)規模となっている。そのため、北朝鮮の地下資源には中国や韓国をはじめ世界中から関心が寄せられているのだ。

 新たに設置される輸出加工区が茂山という特性をどのように生かすのかにも注目である。
 

八島 有佑

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA