韓国軍の戦闘服を着るタリバン兵

韓国軍の戦闘服を着るタリバン兵

ル・フィガロ電子版 出典 Le Figaro

韓国軍の戦闘服を着るタリバン兵

 アフガニスタンの首都カブールが、イスラム武装勢力のタリバンによって征圧されたニュースは、韓国でも大きく報道された。タリバンの戦闘員が自動小銃の威嚇射撃で市民を威圧する。そんな緊迫した状況を伝える写真や動画が数多く流されていたのだが、その中で、韓国人が最も注目したのが、フランス紙「ル・フィガロ」の記者が撮影した1枚の写真だった。

 写真に撮られていたタリバン兵が着ていた戦闘服の中に、韓国軍の軍服が含まれていたのである。徴兵制のある韓国だけに、多くの韓国人男性が軍服を着た経験がある。それだけに自国の軍服はすぐに分かる。

中古軍服市場にあふれる「カエル軍服」

中古軍服市場にあふれる「カエル軍服」

ヤフオク!でも出品されている韓国の軍服

中古軍服市場にあふれる「カエル軍服」

 タリバン兵が着ていたのは、韓国軍が1990年代初頭に採用されていた迷彩柄の軍服。韓国内では「カエル軍服」とも呼ばれ、多くの徴兵経験者には馴染みがあった。軍服を着たことのない女性や若い世代にも、胸や腕に書かれているハングル文字から、それが韓国軍のものであることは察することができただろう。

 軍服はどのような経緯でアフガンに入ったのか、今のところその経緯は不明だ。しかし、日本のネットオークションや通販サイトをちょっと見てみるだけで、韓国軍の軍服が多く売られていたのが確認できる。退役軍人から軍服を仕入れた業者が、海外に転売したのだろう。

 韓国では軍服や軍装品の販売について国防部(省相当)長官の許可が必要であり、これに違反した場合は、懲役に処せられることもある。が、軍で使用されなくなった旧式については除外される。

 韓国陸軍でカエル軍服を使われたのは2014年まで、その後は、新デザインの迷彩服に切り替わっている。販売が解禁になったタイミングで軍服が古着軍服市場に出回り、海外にも多くが流出したものだろう。

 果たして、タリバン兵が韓国軍服をネットで購入したかどうかわからないが、他国の者がそれを合法的に入手するのは容易だ。何も問題はない。しかし、韓国内では「韓国はタリバンを支援して武器供与していたのか?」などと冗談とも本気ともつかない噂が流れ、韓国政府関係者も少し気にしているとか。

後ろめたい前科があるだけに…

後ろめたい前科があるだけに…

在韓米軍龍山基地で署名をする軍服姿の文在寅大統領(2017年6月13日)出典 在韓米軍

 それというのも、韓国には疑われるような前科がある…。以前、イランの兵器博覧会に韓国軍のK7自動小銃(機関短銃)とそっくりな銃が出展され、これが問題視され報道されたことがある。

 イランは国連安保理制裁により、他国が兵器を輸出する場合は、国連の承認を取る必要があった。もっとも、それをやれば、米国からにらまれ関係を悪化させることは避けられないだろう。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA