東京五輪延期決定2日後にIOCに特例措置を要求

東京五輪延期決定2日後にIOCに特例措置を要求

今年1月にタイで開催されたAFC U-23選手権で優勝して東京オリンピック出場を決めた23歳以下の韓国代表 出典「FIFA.com

東京五輪延期決定2日後にIOCに特例措置を要求

 東京オリンピックの1年延期が決まり、各国のスポーツ団体や選手は強化計画の変更を強いられている。こうしたなか、4月3日、「韓国サッカー協会(KFA)」を安堵させるニュースが報じられた。

 「サッカー男子競技『24歳以下』出場可能へ、IOCが各国へ方針を通達」。

 新型コロナウイルスの影響でオリンピックの延期が決まったのは3月24日。KFAはその2日後の26日に「男子サッカー競技の出場資格に関する意見書」を「国際サッカー連盟(FIFA)」や「国際オリンピック委員会(IOC)」に送っていた。主な内容は、年齢制限の特例措置を求めたものだ。KFAは「オリンピック出場のために準備してきた選手が本大会に参加できないのは不公平だ」と強調した。

サッカー男子競技に生じた年齢問題

 オリンピックのサッカー男子競技の出場資格には「原則23歳以下(年齢無制限は3人まで可)」の年齢制限がある。本来、東京大会への出場資格は「1997年1月1日以降に生まれた選手」だが、開催が1年後となれば「1998年1月1日以降に生まれた選手」になる。1997年生まれの選手が本大会に出場できなくなれば「あまりにもかわいそうだ」というのが各国共通の思いだった。

 こうした事態を受けて協議を行ったFIFAが従来通りの「1997年1月1日以降生まれ」を維持する方針をまとめた。答申を受けたIOCが各国のオリンピック委員会に通達し、各国のサッカー協会や選手、とりわけ「1997年生まれの選手」が安堵したというわけだ。しかし、この問題に対し韓国が「不公平」を強調したワケはそれ以外にもあった。延期決定後にKFAがいち早くアクションを起こしたのもその表れだろう。そこには韓国の徴兵制がもたらすスポーツ選手への影響が関係している。

兵役義務と選手の苦悩

 韓国では、健康な成人男性(満19歳で成人)に約2年間の兵役義務が課される。兵役を終えて初めて「一人前の男」と認められる社会的風土も根強く、就職活動前の大学2、3年時に休学して軍隊に入る学生が多いという。進学や芸能活動を理由に延期も認められるが30歳までには入隊しなければならない。法律で定められている。

 韓国国民である以上サッカー選手も同じだ。しかし、野球などの他のスポーツよりも選手寿命が比較的短いサッカー選手にとって、19歳から30歳までのうちの2年間という時間はあまりにも長く、惜しい。ましてや低年齢化が進む欧州サッカーの舞台を目標に据える選手にとっては、20代前半の伸び盛りの時期に軍隊で足踏みをしているわけにはいかないからだ

記事に関連のあるキーワード

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA