金正恩総書記、国防発展展覧会で演説

金正恩総書記、国防発展展覧会で演説

国防発展展覧会で演説する金正恩総書記(提供 コリアメディア)

 金正恩(キム・ジョンウン)総書記は10月11日に行った演説で、「我々の主敵は戦争そのもので、南朝鮮(韓国)や米国、特定のいかなる国家や勢力でもない」と発言した。複数の北朝鮮メディアが報じている。

 北朝鮮では朝鮮労働党創建76周年を迎えたのに合わせ、11日から国防発展展覧会「自衛2021」が開かれており、金正恩総書記が開幕式で演説を行なった。

 今回の演説は、金正恩総書記が9月29日に最高人民会議(国会に相当)で行なった施政演説と根本部分は異ならず、改めて国防力強化を「自衛権の行使」と位置づけるとともに、韓国や米国に対北敵視政策を撤回するよう求める内容となった。

他国への攻撃意思を否定

 北朝鮮は従来から、「国防力強化は正当な自衛権の行使」と主張してきた。今回の演説でも金正恩総書記は、北朝鮮の兵器開発について、「誰かとの戦争を前提にするものではなく、戦争そのものを防ぎ、国権を守るために文字通りの戦争抑止力を強化しているに過ぎない」と言及。「必要な水準まで自衛力を高めなければ、外部の軍事的脅威に振り回される」と国防力強化の必要性を訴えている。

 その上で、他国への攻撃意思はないことを演説中に重ねて強調。「韓国を狙って国防力を強化するのではない」「この地(朝鮮半島)において同族(朝鮮族)同士で武力を行使する無残な歴史を繰り返してはならない」「主敵は韓国や米国ではなく戦争そのもの」と述べるなど、戦争を望んでいないと表明している。

 金正恩総書記は9月29日の施政演説でも、「韓国側が敵対行動をとらなければ、我が国には、韓国を挑発する目的もなければ、危害を加える考えもない」と述べており、これを繰り返した形だ。

米韓の「二重基準」を繰り返し非難

 他国との軍事的対立の意思を否定した上で、金正恩総書記が非難したのは韓国の「二重的な態度」である。

 韓国は、北朝鮮の自衛権の行使レベルの兵器開発を「武力挑発や威嚇、緊張を激化させる不適切な行為」などと批判するにもかかわらず、自国の軍事強化は「北朝鮮の脅威への抑止力」と正当化していると指摘。韓国に二重基準の撤回を求めた。

 加えて、韓国が二重基準を続けて北朝鮮の自衛的権利を侵害するのであれば、「強力的な行動で立ち向かう」と主張。逆に「我々の主権の行使を侵害しなければ、朝鮮半島の緊張が誘発されることは決してない」とも述べ、韓国と敵対する意図がないことをここでも宣言している。

 北朝鮮は2019年頃から韓国や米国の二重基準について非難を寄せているが、最近はこれに関する言及が増加している。

記事に関連のあるキーワード

おすすめの記事

こんな記事も読まれています

コメント・感想

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA